名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
書くとはじぶんに呼びかける声、じぶんを呼びとめる声を書き留めて、言葉にするということである。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『奇跡−ミラクル−』
あとがきより

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
ふと、呼びかけられたように感じて、立ちどまる。
見まわしても、誰もいない。
ただ、じぶんを呼びとめる小さな声が、どこからか聞こえて、しばらくその声に耳を澄ますということが、いつのころからか頻繁に生じるようになった。


それは風の声のようだったり、空の声のようだったり、道々の声のようだったり、花々や樹々の声のようだったり、小道の奥のほうの声のようだったり、朝の声や夜の声のようだったり、遠い記憶のなかの人の声のようだったりした。


そうした、いわば沈黙の声に聴き入るということが、ごくふだんのことのようになるにつれて、物言わぬものらの声を言葉にして記しておくということが、いつかわたしにとって詩を書くことにほかならなくなっているということに気づいた。
__ Link __

書くとはじぶんに呼びかける声、じぶんを呼びとめる声を書き留めて、言葉にするということである。
__ Link __

『奇跡─ミラクル─』は、こうして、わたしはこんなふうに、このような声を聴き、それらの声を書き留めてきたという、返答の書となった。


「奇跡」というのは、めったにない稀有(けう)な出来事というのとはちがうと思う。
それは、存在していないものでさえじつはすべて存在しているのだという感じ方をうながすような、心の動きの端緒(たんしょ)、いとぐちとなるもののことだと、わたしには思える。
__ Link __

日々にごくありふれた、むしろささやかな光景のなかに、わたし(たち)にとっての、取り換えようのない人生の本質はひそんでいる。
それが、物言わぬものらの声が、わたしにおしえてくれた「奇跡」の定義だ。
__ Link __

たとえば、小さな微笑みは「奇跡」である。
小さな微笑みが失われれば、世界はあたたかみを失うからだ。
__ Link __

世界というものは、おそらくそのような仕方で、いつのときも一人一人にとって存在してきたし、存在しているし、存在してゆくだろうということを考える。
(後文省略)


[ ランダム名言 ]
1.
自分自身を変えることがどんなに難しいかを考えて見れば、他人を変えることがどんなに大変か、わかるだろう。
(ジェイコブ・ブロイド)
2.
正しい人生を歩みたいと心から願うなら、まずは動物を傷つけるのをやめるべきだ。
(アインシュタイン)
3.
信仰は、それが迷信でも奇跡を生むことがあります。本当のことを信じようと、間違ったことを信じようと、信仰はいつも同じ奇跡を生むのです。
(パラケルスス)
4.
碁に負けたら将棋に勝て。
(日本の格言)

5.
世の中にはアバウトなほうがいい場合がある。方向さえ正しければ、多少の間違いはあっても早くやったほうが勝つことも多いのだ。
(大前研一)
6.
口は穏やかに、だが手には棍棒を。
(米国のことわざ)
7.
未来を予測しようとすると罠にはまる。
(ドラッカー)

8.
あるがままの本当の自分を見つけなさい。そして、その個性的な自分を好きになることだ。
(リチャード・H・モリタ)
9.
己を愛する如く隣人を愛するということは、とてもやり切れるものではない。
(太宰治)
10.
生きんがために食え、されど食わんがために生くるなかれ。
(フランクリン)