名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
日々にごくありふれた、むしろささやかな光景のなかに、わたし(たち)にとっての、取り換えようのない人生の本質はひそんでいる。
それが、物言わぬものらの声が、わたしにおしえてくれた「奇跡」の定義だ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『奇跡−ミラクル−』
あとがきより

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
ふと、呼びかけられたように感じて、立ちどまる。
見まわしても、誰もいない。
ただ、じぶんを呼びとめる小さな声が、どこからか聞こえて、しばらくその声に耳を澄ますということが、いつのころからか頻繁に生じるようになった。


それは風の声のようだったり、空の声のようだったり、道々の声のようだったり、花々や樹々の声のようだったり、小道の奥のほうの声のようだったり、朝の声や夜の声のようだったり、遠い記憶のなかの人の声のようだったりした。


そうした、いわば沈黙の声に聴き入るということが、ごくふだんのことのようになるにつれて、物言わぬものらの声を言葉にして記しておくということが、いつかわたしにとって詩を書くことにほかならなくなっているということに気づいた。
__ Link __

書くとはじぶんに呼びかける声、じぶんを呼びとめる声を書き留めて、言葉にするということである。
__ Link __

『奇跡─ミラクル─』は、こうして、わたしはこんなふうに、このような声を聴き、それらの声を書き留めてきたという、返答の書となった。


「奇跡」というのは、めったにない稀有(けう)な出来事というのとはちがうと思う。
それは、存在していないものでさえじつはすべて存在しているのだという感じ方をうながすような、心の動きの端緒(たんしょ)、いとぐちとなるもののことだと、わたしには思える。
__ Link __

日々にごくありふれた、むしろささやかな光景のなかに、わたし(たち)にとっての、取り換えようのない人生の本質はひそんでいる。
それが、物言わぬものらの声が、わたしにおしえてくれた「奇跡」の定義だ。
__ Link __

たとえば、小さな微笑みは「奇跡」である。
小さな微笑みが失われれば、世界はあたたかみを失うからだ。
__ Link __

世界というものは、おそらくそのような仕方で、いつのときも一人一人にとって存在してきたし、存在しているし、存在してゆくだろうということを考える。
(後文省略)


[ ランダム名言 ]

1. 多言は身を害す
(ポルトガルのことわざ)


2. 自分の人生を変える質問をいつも用意しておくことです。自分を動機づけたり、幸せにしたり、新しいことをマスターしたりできるように、良質な誘導尋問を朝から晩まで繰り返してください。すると、その質問の答え……
(本田健)


3. 場所ちがいの善行は悪行だと私は思う。
(エンニウス)


4. 名声も知性もお金もみんな私が持っている。だから男は美しいだけでいい。
(ジャンヌ・モロー)



5. (努力や工夫を)やってねぇヤツに限って、不平不満を言うんですよ。「こんな仕事、やってられない」。これでは、何も手に入らない。
(石橋貴明)


6. 人間は、しばしば希望にあざむかれるが、しかし、また「絶望」という観念にも同様にあざむかれる事がある。
(太宰治)


7. 思想宣伝には秘訣がある。何よりもまず、宣伝の対象人物に、それが宣伝だと気づかせてはならない。
(ゲッベルス)



8. 侍の刀はなぁ、鞘におさめるもんじゃねぇ。自分の魂におさめるもんだ。
(漫画『銀魂』)


9. 哲学というのは一切の現象を批判の対象とするような、生活の一種の態度そのもの、或いは少なくとも思想の態度そのものを意味する。
(戸坂潤)


10. 人の年老いていくことを、だれか成長と考えるか。老は成長でもなく退歩でもない。ただ「変化」である。
(萩原朔太郎)