名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
知らんからのんきに考えとるけどね、実は自己の履歴書を掲げて歩いとるようなもんだ、面(つら)というものは。


[ 出典 ]
安田理深[やすだ・りじん]
(仏教学者、真宗大谷派の僧侶、1900〜1982)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
知らない
のん気
考える
履歴書
歩く
安田理深の名言


[ ランダム名言 ]
1.
最終的に自分の生き方を決める時、手を下すのは自分しかいない。つらいときには自分で乗り越えるしかない。転ぼうと蹴倒されようと、それは、何かのせいでそうなったのではなく、結局は自分で能動的に選んだこと……
(松浦雅子)
2.
この問題が重要だというときには、強烈にきちんと伝えないといけません。みんなの認識が必ずしも常に一致しているわけではないので、どれだけみんなの認識を一致させるかが重要なんです。
(鈴木敏文)
3.
能力は、仕事の質を変えるだけでなく人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味を持つ。
(ドラッカー)
4.
現実に起きていることを直視しなければ、人間は本当の意味で責任を取れません。
(立花隆)

5.
寛大はすべての欠点を隠す。
(アラブの格言)
6.
一つ、いつも夫と妻が同じだけの睡眠時間をとること。二つ、いつも夫と妻がまったく同じ栄養をもった食事をとること。
(古谷綱武)
7.
コンプレックスに根ざす道徳的非難ほど世に有害なものはない。
(中村真一郎)

8.
危険を避けて大きくなろうとしない人は、かえって運命にのみ込まれてしまう。
(パティ・ハンセン)
9.
苦しみは、苦しむ者がその限界を知っていて、その恐怖に想像を加えなければ、堪えられないこともなく、また永続するものでもない。
(アウレリウス)
10.
牢獄の庭を歩く自由より、嵐の海だがどこまでも泳げる自由を、私なら選ぶ!
(漫画『沈黙の艦隊』)