名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
道徳的な詩だとか、不道徳的な詩だとか、語るべきではない。
詩は、うまく書かれているか、それともまずく書かれているか、そのどちらかでしかない。


[ 出典 ]
ワイルド
[オスカー・ワイルド]
(19世紀イギリスの劇作家・小説家、1854〜1900)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
詩は良く書かれているか、それともまずく書かれているか、それだけの話だ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
今や社会そのもの、さらには社会活動、社会問題のすべてがあまりに複雑である。唯一の「正しい答え」があらゆる問題に通用するはずがない。答えは複数ある。そのうちかなり正しいといえるものさえない。
(ドラッカー)
2.
本気の心しか、人の心は動かせない。
3.
立派な人は喧嘩になっても(相手の)ためになり、劣った人は(他人に)親切にしても害がある。神々は怒っても衆生を守り、閻魔は笑っても人を殺す。
(サキャ・パンディタ)
4.
グランドに出たら、先輩、後輩の序列はないんだ。
(長嶋茂雄)

5.
うまく表現できないという言葉ほど、表現についてうまく語りえている言葉はない。
(長田弘)
6.
実業とは、業を実行することをいう。実行して成果をあげねば実業とはならない。いわんや、考えるだけではだめだ。
(小倉正恒)
7.
私たちはこの世の楽園に向かって旅をしている。この世の楽園とはこんなものだろうと君が思うもの──それがこの世の楽園だ。
(ジェフリー・フォード)

8.
その人の働きやすい環境を、その人ならではのアイディアでつくることは、非難されるべきものではない。
(植西聰)
9.
以って戦うべきと以って戦うべからざるとを知る者は勝つ
(『孫子』)
10.
美しさは皮一枚のもの、醜さは骨の髄まで。
(「マーフィーの法則」)