名言ナビ



[ 名言 ]
自分で自分の作品の効果効果を口に出してなど言うべきでなかった。
口に出して言ったとたんに、また別のまるっきり違った効果が生まれる。
その効果を凡(およ)そこうであろうと推察したとたんに、また新しい効果が飛び出す。
僕は永遠にそれを追及してばかりいなければならぬ愚を演ずる。

[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
作品『道化の華』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
僕はもう何も言うまい。
言えば言うほど、僕はなんにも言っていない。
__ Link __

ほんとうに大切なことがらには、僕はまだちっとも触れていないような気がする。
それは当前であろう。
たくさんのことを言い落としている。
それも当然であろう。


作家にはその作品の価値がわからぬというのが小説道の常識である。
__ Link __

僕は、くやしいがそれを認めなければいけない。


自分で自分の作品の効果を期待した僕は馬鹿であった。
ことにその効果を口に出してなど言うべきでなかった。
口に出して言ったとたんに、また別のまるっきり違った効果が生まれる。
その効果を凡(およ)そこうであろうと推察したとたんに、また新しい効果が飛び出す。
僕は永遠にそれを追及してばかりいなければならぬ愚を演ずる。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
近頃の人は物の値段には詳しいが、物の価値はわかっていない。
(ワイルド)
2.
今どきの日本人男性は顔しか意識していなくて、しかも個性がない。誰もかれもがホスト顔になって満足している感じ。
(「ライブドア・独女通信」)
3.
人は、心で考える通りのものである。
(『聖書』)
4.
近道を探すことは、結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである。
(スティーブン・R・コヴィー)

5.
人生はひとつのチャンス、人生からなにかをつかみなさい。
(マザー・テレサ)
6.
歴史とは、合意の上に成り立つ作り話以外の何物でもない。
(ナポレオン・ボナパルト)
7.
物覚えの悪い頭は、守備兵のいない広場だ。
(ナポレオン・ボナパルト)

8.
大切なのは、決して自分を敗者だと思わず、自分を向上させるため闘い続けることだ。
(ハビエ・オチョア)
9.
たとえなんの役にも立たないことでも、好きなことに夢中になり、誰よりも優れた知識や技を得たとき、人を感動させることができる。
(きもとえいこ)
10.
山が大きければ大きいほど、自分に小ささを感じてしまうが、同時にそれに合わせて大きくなろうとする自分もいる。
(栗城史多)