名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
作家にはその作品の価値がわからぬというのが小説道の常識である。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
作品『道化の華』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
僕はもう何も言うまい。
言えば言うほど、僕はなんにも言っていない。
__ Link __

ほんとうに大切なことがらには、僕はまだちっとも触れていないような気がする。
それは当前であろう。
たくさんのことを言い落としている。
それも当然であろう。


作家にはその作品の価値がわからぬというのが小説道の常識である。
__ Link __

僕は、くやしいがそれを認めなければいけない。


自分で自分の作品の効果を期待した僕は馬鹿であった。
ことにその効果を口に出してなど言うべきでなかった。
口に出して言ったとたんに、また別のまるっきり違った効果が生まれる。
その効果を凡(およ)そこうであろうと推察したとたんに、また新しい効果が飛び出す。
僕は永遠にそれを追及してばかりいなければならぬ愚を演ずる。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
だれでもこの山に、動き出して海の中に入れと言い、その言ったことは必ず成ると心に疑わないで信じるなら、その通りに成るであろう。
(『新約聖書』)
2.
(人生において)最も大切なことは変化であり、私たちが直面する最大の問題は、その変化を、自分が進みたいと望む方向に合わせて、自分の運命を切り開いてゆけるかどうかです。さもなければ、自分の行動や人格を……
(エドウィン・ブリス)
3.
長い友だちつきあいをしたかったら、相手の人を利用しようと思わないことですね。そういう肚(はら)づもりの人は、結局、誰からも相手にされなくなります。
(武田豊)
4.
常に不功者なりと思えば、仕そこないなきものなり。功者ぶりを致せば、必ず違(たが)うものなり。
(加藤嘉明)

5.
仕事のできる人は、自分で仕事を見つけだしてきて、自分でそれを片付ける人のことだ。
(邱永漢)
6.
失敗の数だけ成長がある。
(格言)
7.
二番煎じをいくら上手にやっても、誰も評価してくれない。
(竹内宏)

8.
にんげんはねえ 人から点数をつけられるために この世に生まれて きたのではないんだよ にんげんがさき 点数は後(あと)
(相田みつを)
9.
家事とは、ちゃんと行われていれば誰も気にとめない作業である。
(「マーフィーの法則」)
10.
自分が小さいって知らないやつは、想像もしないくらいデカイことをするもんさ。
(映画『シービスケット』)