名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
去る者は日々に疎(うと)し。


[ 出典 ]
蕭統撰「文選」(もんぜん)─古詩十九首

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
去る者は日(ひび)に以って疎し。

[ 意味 ]
死んだ者は、月日がたつにつれて忘れられていく。
転じて、親しかった者も、遠く離れてしまうと、しだいに親しみが薄くなる。
(大辞泉)より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
去る
月日が経つ
親しい人

[ 全文・続き ]
(全文ver.1)

去る者は日々に疎し、生ける者は日々に親し。


(全文ver.2)

去る者は日(ひび)に以って疎し、生ける者は日(ひび)に以って親し。


[ ランダム名言 ]

1. そこにたどり着こうとあせってはいけない。「そこ」など、どこにもないのだから。本当にあるのは「ここ」だけ。今という時にとどまれ。体験をいつくしめ。一瞬一瞬の不思議に集中せよ。それは美しい風景の中を旅……
(ブラックウルフ・ジョーンズ)


2. 自尊心を失う十八の心得──14.自分の価値は、優れた業績や実績を通して示さなければならないと思い込んでいる。
(L・S・バークスデイル)


3. 下手なユーモアは現実からの逃避、上手なユーモアは現実の受容。
(マルコム・マゲリッジ)


4. やりたいと思ったときに、ぱっと手を出さないと届かなくなることがあるんだ。
(よしもとばなな)



5. 人は労働なしに休息に達することなく、戦闘なしに勝利に達することもない。
(ケンピス)


6. 人生の目的がない人、見失った人はどうするか? 散歩するんだ。目標が見つかるまで、ゆっくりぶらぶら散歩を楽しむ。まぁ僕なんかは、人生は一生散歩道だと思ってるけどね。
(ドラマ『キャットストリート』)


7. 一人で過ごす静かなひととき、瞑想、祈り、音楽、考えたり読書したり、勉強したり働いたりというような心を集中させる作業。それは肉体的、知的、芸術的、どんなことであれ、自己から流れ出る創造的な時間であれ……
(アン・モロー・リンドバーグ)



8. 人おのおの、生きる流儀を持っている。その流儀を、お互い尊敬し合って行く事が出来ぬものか。誰にも迷惑をかけないように努めて上品な暮しをしているのに、それでも人は、何のかのと言う。うるさいものだ。
(太宰治)


9. 確立した目的を持つ人間は、それを実現せねばならない。その実現のために実在しようとする意志に対しては、何も抵抗し得るものではない。
(ディズレーリ)


10. 真似することは心からの賛辞である。
(西洋のことわざ)