名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
科学の基礎をなすものは、物理界に於(お)いても、化学界に於いても、すべて仮説だ。
肉眼で見とどける事の出来ない仮説から出発している。
この仮説を信仰するところから、すべての科学が発生するのだ。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『パンドラの匣』
越後獅子のセリフ

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
真理を追求して闘った天才たちは、ことごとく自由思想家だと言える。
__ Link __

わしなんかは、自由思想の本家本元は、キリストだとさえ考えている。
思い煩(わずら)うな、空飛ぶ鳥を見よ、播(ま)かず、刈らず、蔵に収めず、なんてのは素晴らしい自由思想じゃないか。
__ Link __

わしは西洋の思想は、すべてキリストの精神を基底にして、或いはそれを敷衍(ふえん)し、或いはそれを卑近にし、或いはそれを懐疑し、人さまざまの諸説があっても結局、聖書一巻にむすびついていると思う。
科学でさえ、それと無関係ではないのだ。
__ Link __

科学の基礎をなすものは、物理界に於(お)いても、化学界に於いても、すべて仮説だ。
肉眼で見とどける事の出来ない仮説から出発している。
この仮説を信仰するところから、すべての科学が発生するのだ。
__ Link __

日本人は、西洋の哲学、科学を研究するよりさきに、まず聖書一巻の研究をしなければならぬ筈(はず)だったのだ。
わしは別に、クリスチャンではないが、しかし日本が聖書の研究もせずに、ただやたらに西洋文明の表面だけを勉強したところに、日本の大敗北の真因があったと思う。
自由思想でも何でも、キリストの精神を知らなくては、半分も理解できない。


[ ランダム名言 ]

1. 幸福は世にあるものだ。しかし我々はそれを知らない。いや、知ってはいるが、それを尊重することを知らないのだ。
(ゲーテ)


2. 人生にはふたつの形態しかない。腐っているか、燃えているか。
(ゴーリキー)


3. 誤謬(ごびゅう)というものは、真理を余計含んでいれば、それだけ余計に危険である。
(アミエル)


4. 自分の嫌いなことを仕事にすると決めた瞬間、本質的には自分に懲罰刑を下しているのだ。
(本田健)



5. たとえ太陽系と天体の全部が壊れたとしても、君が死ぬのは一回きりだ。
(カーライル)


6. 木々の緑や紅葉や美しい花が地球から消え去ったら、人間の暮らしは殺風景になり、感動することがなくなってしまうでしょう。
(瀬戸内寂聴)


7. 人は、自分の話を熱心に面白がって聞いてくれる人には、熱意をこめていろいろ話したくなるものである。
(ながれおとや)



8. 愛の誓いは、船乗りがする神への誓いのようなものだ。嵐が過ぎると忘れてしまう。
(ジーン・ウェブスター)


9. 言い合いをしている内に、小さな問題がどんどん大きな問題になっていきます。
(加藤諦三)


10. 国際大会に出るときは技術とか相手を研究する、勝ち負けも大事です。ただし、そればっかりではダメなのです。礼節を重んじることが、日本人が尊敬される所以であり、それさえあれば、たとえ負けてもみっともなく……
(美輪明宏)