名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
いかなる場合にも、他人の心を消極的にするがごとき言行は、絶対になすべきではない。
特に病におかされている人や、運命に悩まされている人に対しては。


[ 出典 ]
中村天風[なかむら・てんぷう]
(明治〜昭和の思想家、日本初のヨーガ行者、1876〜1968)
『中村天風 一日一話』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
いかなる場合にも、他人の心を消極的にするがごとき言行は、絶対になすべきではない。
特に病におかされている人や、運命に悩まされている人は、よほどの修養のできている人でない限り、おおむねはその心が極度に消極的になっているのが普通の傾向であるから、その種の人々には、一段とその心を積極化するためへの努力を、真実の人類愛をもって働きかけないといけない。


[ ランダム名言 ]
1.
今日一日の枠の中で生きよ。
(ウイリアム・オスラー)
2.
川の流れを見つめるとき、ひとは自分の心の中を見つめている。川の色に、じぶんの心の色を見ている。旅をする。街を歩く。曲がり角を曲がる。そして、気づく。ここはどこなのか、わたしは今、どこにいるか、と。
(長田弘)
3.
多くの人々は富を獲得するや、もろもろの悪からのがるることをせず、より大なるもろもろの悪へ転向する。
(エピクロス)
4.
我々は強制によって幸せにはなりえない。
(コールリッジ)

5.
貧乏がたいして苦しいものではないと悟ったとき、人間は初めて自分の富を楽しむことができる。
(セネカ)
6.
人生に、生涯凍結ということはありえません。冬は必ず春となり、時が来れば美しい花を咲かせます。
(ジョセフ・マーフィー)
7.
世界中で動物愛護活動をする人の多くが、「人間より動物が大事」という考えにとりつかれている。はじめは「人間の都合を優先するのはやめよう」あるいは「動物と人間の共存」と穏やかなことを言っているのだが、……
(香山リカ)

8.
実地演習に失敗はない。
(デイル・ドーテン)
9.
苦しみや悲しみは幸せの隠し味
(篠原鋭一)
10.
命まで取られへん、だめならやり直せばいい。
(鬼塚喜八郎)