名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
作家は例外なく、小さい悪魔を一匹ずつ持っているものです。
いまさら善人づらをしようたって追いつかぬ。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
井原退蔵が木戸一郎にあてた手紙より

[ 補足 ]
※作家=小説家

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
君に今、一ばん欠けているものは、学問でもなければお金でもない。
勇気です。
__ Link __

君は、自身の善良性に行きづまっているのです。
だらしの無い話だ。


作家は例外なく、小さい悪魔を一匹ずつ持っているものです。
いまさら善人づらをしようたって追いつかぬ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
箴言は書き手の心を暴露する。
(ヴォーヴナルグ)
2.
成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。手元の仕事から顔を上げ目標に目を向ける。組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える。
(ドラッカー)
3.
渦巻いて 濁らない 滝つぼの水
(相田みつを)
4.
ひとりの寂しさを克服するには、逆に、付属物をひとつひとつそぎ落としていくしかない。要は、自分は息をしている存在にすぎないと思うところまで行けば悟りが開ける。これは禅の考え方にとても近い。
(齋藤孝)

5.
トップに立つ人は、泥をかぶる覚悟で仕事に立ち向かえ。それでだめだったら潔くシャッポを脱いで謝る。ただ責任ということで、けじめをつけようとすることは間違いだ。
(井深大)
6.
家の仕事は、私たちが家族のことをどんなに気にかけているか、自分にとってどんなに大切な人間であるかを示すものだ。家の仕事をすることで、家族は全員にとって目に見える愛になる。
(ヘーゼルデン財団)
7.
テレビは第三の親である。
(バックミンスター・フラー)

8.
幸せとは、空にかかる虹を仰ぐこと。不幸せとは、その虹をつかもうと地団駄を踏むこと。
(イ・ギュギョン)
9.
自らその適を適とする。
(荘子)
10.
いずれは枯れる朝顔でも、毎日、水をやる──そういう気持ちを大事にしたい。
(大平正芳)