名言ナビ



[ 名言 ]
まことに、相逢った時のよろこびは、つかのまに消えるものだけれども、別離の傷心は深く、私たちは常に惜別の情の中に生きているといっても過言ではあるまい。

[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『「グッド・バイ」作者の言葉』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
唐詩選の五言絶句の中に、人生足別離の一句があり、私の或る先輩はこれを「サヨナラ」ダケガ人生ダ、と訳した。
まことに、相逢った時のよろこびは、つかのまに消えるものだけれども、別離の傷心は深く、私たちは常に惜別の情の中に生きているといっても過言ではあるまい。

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
死ぬまでやりたい仕事をする。
(本田健)
2.
死にたくないから生きたときもあった。死なないから生きたときもあった。生きたいから生きたときもあった。しかし、生きずにはおれないから生きるときがあってもよいのではないか。
(種田山頭火)
3.
何事においても、結果という果実をもたらすには、種子が必要です。
(作者不詳)
4.
一日一日を確かに努力して身につけたものが、君たちの生涯の財産になります。
(ドラマ『3年B組金八先生(第6シリーズ)』)

5.
聖なるものは、ただ聖なるもののみが知る。
(九条武子)
6.
敵意と羨望で心がいっぱいの人は、心の平安が保てないのは明らかである。
(ナポレオン・ヒル)
7.
川は岸のために流れているのではない 川のために岸ができているのである 子どもは学校のために来ているのではない 子どものために学校があるのである
(東井義雄)

8.
お客様は神様です。
(三波春夫)
9.
結果はすぐにはついて来ねェよ。やれるだけの事をやったら、男はドンと胸を張ってりゃいいんだ!
(漫画『ONE PIECE(ワンピース)』)
10.
(身体が)不自由である事と不幸である事はイコールじゃない。
(漫画『鋼の錬金術師』)