名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
気先(きさき)の勇なる者は目驚かすほどの働きをすると雖(いえど)も詰めたる武功は律儀(りちぎ)なる者にあり。


[ 出典 ]
徳川家康[とくがわ・いえやす]
(江戸幕府初代将軍、1543〜1616)

[ 意味 ]
気勢をあげて戦う勇敢な者は驚くほどの働きをする。
だが、突き詰めて考えれば、本当の功績は義理堅くて実直な者にある。

[ 補足 ]
※気先(きさき)=人の気力の発する所、気勢。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
この世は魂の学校教育の場。どんな人生もきちんと生きなければ勉強に来た意味がありません。どんな幸せも、どんな不幸も、どんな波瀾万丈もきちんと生き抜くのが、この世に生れ落ちた私たちの義務教育なのです。
(美輪明宏)
2.
私が夢みるのは、均衡と純粋と静謐(せいひつ)の芸術である。
(アンリ・マティス)
3.
芸術は常に純粋なものであり、魂をしずめるものでなければならない。
(アンリ・マティス)
4.
雑談とはたき火のようなものである。
(多湖輝)

5.
感謝して受け取る者に豊かなる収穫あり。
(ウィリアム・ブレイク)
6.
炉辺(ろばた)のまどいより怖ろしきところなし。
(キケロ)
7.
お金がほしいと思うのは人間の健全な欲求である。人間にとって、最も大切なのはお金だ。現実から目を逸(そ)らしちゃいかん。
(関口房朗)

8.
あなたにとってそれが信念にまで高められているかどうかは、あなたの心がその考えを完全に受け入れたときに、その反対のものを考えることができるかどうかでわかります。
(ジョセフ・マーフィー)
9.
お前たちなァ、売る立場で考えるんじゃないぞ。買う立場で、どうしたら買うかってことを考えろ。買う人がいて、売れるんだ。売る人がいて、買うんじゃないんだぞ。
(永六輔)
10.
遅過ぎた、遅過ぎた、余りに遅過ぎた。
(ベートーヴェン)