名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
その人の人生という作品に他人が手を入れることはできない。
人生という作品には書き直しがない。
ただ、的を得た指導や、助言をその人が受け入れることにより、その作品の続きはいくらでも輝きを放つことができる。


[ 出典 ]
志茂田景樹[しもだ・かげき]
(作家・絵本作家、1940〜)
本人ツイッター(2011年2月10日)より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
その人の人生という作品に他人が手を入れることはできない。
人生という作品には書き直しがない。
ただ、的を得た指導や、助言をその人が受け入れることにより、その作品の続きはいくらでも輝きを放つことができる。
__ Link __

人生という作品には初めが悪くても、終わりよければすべてよし、という性質がある。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. それが遠回りだったとも、時間を無駄にしたとも思っていません。それらはすべて、自分という人間を見つめ、自分がほんとうにやりたいことを知るために必要な経験だったといっていいでしょう。
(小暮真久)


2. 強烈な違和感が偉大なる人物を作るもとになるのである。
(渡部昇一)


3. 勝者は、自分がどこへ行こうとしているのか、その途上で何を計画しているのか、誰とその冒険を共にするのか、君に話すことができるものである。
(デニス・ウェイトリー)


4. ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、そしてたっぷり水を飲めってね。
(村上春樹)



5. レースをやっていると、人間とはいかに脆い存在かということがわかってくる。
(アイルトン・セナ)


6. 父親は子供の知力を引き出すが、母親は情操を引き出す。
(スマイルズ)


7. 美人は目を楽しませ、良妻は心を楽しませる。
(ナポレオン・ボナパルト)



8. はにかみを忘れた国は、文明国で無い。
(太宰治)


9. 賢明な者は、自分の見たことを報告し、愚かな者は、他人から聞いたことを報告する。
(ラビ)


10. 紙の本と電子書籍の違いは実在と非実在のそれに近いかもしれない。読むか読まないかは別にして紙の本はその存在自体が蔵書になりえるし、愛着の対象になりえる。しかし、電子書籍は読みたいときにのみ作品、ある……
(志茂田景樹)