名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
どれほど孤独に生きようとも、人はいつの間にか、なんらかの債権者あるいは債務者になっている。


[ 出典 ]
ゲーテ
[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]
(18〜19世紀ドイツの詩人・小説家・劇作家、1749〜1832)
「オティーリエの日記」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。
(アインシュタイン)


2. 小説は、やはりわがままに書かねばいけないものだ。試験の答案とは違うのである。
(太宰治)


3. 小説を芸術として考えようとしたところに、小説の堕落が胚胎(はいたい)していた。
(太宰治)


4. 私は、どうせ、(先生から)駄目な男と思われているのだから、先生に対して少しも気取る必要は無い。かえって私は、勝手気ままに振舞えるのである。
(太宰治)



5. 幸いなことに、驚くべきテクニックの見世物だけでピアニストの名声が作れる時代は過ぎ去っている。これは多くの機械による音楽装置のおかげかもしれない。
(ヴィルヘルム・バックハウス)


6. 遠くの親戚より近くの他人。
(日本のことわざ)


7. 善事は罪悪感を抱きながらせねばならない。
(亀井勝一郎)



8. すべての人が道徳的になるまでは、だれも完全に道徳的にはなり得ない。
(スペンサー)


9. 要は事情(説明)を尽くし、そうすることが相互の利益であるということを繰り返し繰り返し説明していると、そのうちにだんだんとわかって来る。
(和田恒輔)


10. 「愛されたい」ために相手の男性の好みに合わせ、その結果として自分自身をゆがめてしまう恋愛においては、女性は決して綺麗になることはできません。
(叶恭子)