名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間は明日の朝に対して、何らかの恐怖と希望と心配を持たずにはいられない。


[ 出典 ]
シラー
[フリードリヒ・フォン・シラー、シルレル]
(18世紀ドイツの詩人・戯曲家・思想家、1759〜1805)
『メッシナの花嫁』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
人間は明日の朝に対して、何がしかの恐怖と希望と心配を持たずにはいられない。

(ver.2)
人は明日の朝を迎えるに際して、何らかの恐怖と希望と心配を持たずにはいられない。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. あなたはなぜピアノを弾くのか? 何を表現したいのか?
(マリア・ジョアン・ピレシュ)


2. 真理の言葉は単純なり。
(アイスキュロス)


3. 運は「運ぶ」と書くように、自分の力で運んでくるものだと思っている。自分で引き寄せるのだ。
(澤田秀雄)


4. 一寸の虫にも五分(ごぶ)の魂
(日本のことわざ)



5. 子供は「愛されること」によって、初めて「愛すること」を知る
(エーリヒ・フロム)


6. 私たちは人生の彫刻家である。創造力を使えば、傑作に仕上げることができる。
(ヘーゼルデン財団)


7. ジョージ・ハーバートは「夜は魂を脱ぎ捨てよ」と言っている。これは内省をしろというのではなく、着物を脱ぐようにすっぽりと魂を脱ぎ捨てるのだ。その一日をなすこともなく過ごした罪も、誤りを犯した罪も、と……
(ウイリアム・オスラー)



8. 自発的に何かをしようとした経験以外は、あなたの記憶には残らない
(石井貴士)


9. 人間は二つの力によって動かされている。一つは「快適さの追求」、もう一つは「苦痛の回避」である。
(上浦倫人)


10. 人間ドックで若いって太鼓判を押されて、それで張りきってすぐ死んじゃう人が多いんだって。
(永六輔)