名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
愛の欠如こそ、今日の世界における最悪の病です。


[ 出典 ]
マザー・テレサ
(インドの修道女、「死を待つ人々の家」創立者、ノーベル平和賞受賞、1910〜1997)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
先進国にも、一つの貧しさがあります。
それは、お互い同士、心を許していない貧しさ、精神的貧困、淋しさ、愛の欠如からくる貧しさと言っていいでしょう。
__ Link __

愛の欠如こそ、今日の世界における最悪の病です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 天には星がなければならない。大地には花がなければならない。そして、人間には愛がなければならない。
(ゲーテ)


2. どうせ人間生まれた以上は一遍は死ぬんだ。しかし死んでいない以上は生きているんだ。生きている以上は有意義に生きなきゃだめだよ。
(中村天風)


3. やりたいことを始めるのに遅すぎることはない。「始めるのには遅すぎた」とあきらめてしまったら、今からでも十分に得られるであろう楽しみを、すべて放棄することになるからだ。
(ながれおとや)


4. 本当の自由な心とは「認める」ということである
(ゲーテ)



5. 現在持っているものに満足しない者は、持ちたいと思っているものを手に入れたところで、満足しないだろう。
(アウエルバッハ)


6. 真の教養に行く道の一つは、世界文学を学ぶこと。
(ヘルマン・ヘッセ)


7. 天才は万人から人類の花と認められながら、いたるところに苦難と混乱を惹起(じゃっき)する。
(ヘルマン・ヘッセ)



8. 嘘をつくなら、絶対ばれないような嘘をつくこと。
(映画『ラ・ブーム』)


9. 三たび思いて後(のち)これを行う
(孔子)


10. 迷いがなく生きているうちは、まだ子供だよ。
(漫画『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』)