名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
失敗をしたことのない優等生が管理職に就いても、どこか迫力に欠ける。
自ら失敗に苦しんだ体験がないので、部下に注意をしても説得力がない。
これでは部下がついていくはずがない。


[ 出典 ]
川上哲治[かわかみ・てつはる]
(元プロ野球選手・元監督、1920〜)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 私が知っている成功者は、すべて自分に与えられた条件のもとで最善を尽くした人々であり、来年になれば何とかなるだろうなどと、手をこまねいてはいなかった。
(エドワード・エヴァレット・ヘイル)


2. ヴァイオリニストが同じ音楽を演奏するのにいくつかのヴァイオリンを必要とするといわれているように、男は四六時中、ひとりの女を愛し得ないのも理に適っている。
(バルザック)


3. 安全なものを食うか。旨いものを食うか。さァ、どっちか決めなさい!
(永六輔)


4. 最善でしか満足しない人だけが、最善を手に入れることができる。
(ローガン・スミス)



5. 酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よ……
(岩崎弥太郎)


6. 忠告は敵を作る。
(サキャ・パンディタ)


7. 企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿(じゅくし)が落ちる如(ごと)くに持っていかないと。
(石原俊)



8. 罪とは魂を曇らせるすべてのものをいう。
(ジッド)


9. 人間の感情の四分の三は、子供っぽいものだ。残りの四分の一はもっと子供っぽい。
(ロマン・ロラン)


10. 生命の所有が短くなればなるほど、私はこの所有をますます深め、ますます充実させなければならない。
(モンテーニュ)