名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
君は、いつでも何か、とくをしようとしていらいらしている、そんな神経はたまらない。
みんな君の仕事に直接、役立つようにじたばた工夫しているのだから、かなわない。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
井原退蔵が木戸一郎にあてた手紙より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
自分は君に、尊敬なんか、してもらいたくなかった。
お互い、なんの警戒も無しに遊びたかったのです。
それだけだ。


君は、愛情のわからぬ人だね。
いつでも何か、とくをしようとしていらいらしている、そんな神経はたまらない。
人に手紙を出すのも、旅行するのも、聖書を読むのも、女と遊ぶのも、井原と冗談を言い合うのも、みんな君の仕事に直接、役立つようにじたばた工夫しているのだから、かなわない。
__ Link __

そんなに「傑作」が書きたいのかね。
傑作を書いて、ちょっと聖人づらをしたいのだろう。
馬鹿野郎。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
戦争はお愛想じゃなくて、人生における最大な醜悪事だ。われわれはこの点をよく理解して、戦争をもてあそばないようにしなきゃならん。
(トルストイ)
2.
人が友情を望むのは、自己の無力や貧しさのためではないか。つまり、お互いに尽くしたり尽くされたりして、自分一人ではできないことを他人からしてもらったり、また、こちらからも仕返すということではないか。
(キケロ)
3.
会長は何をすればよいのか色々研究しましたが、決まったものは何もない。そこで社長がやりやすいように仕事の邪魔をしないことにした。会長は社長の補佐役に徹すべきです。
(佐々木定道)
4.
今を幸せと感じれば、人生は「今」の連続体だから、それが未来にもつながっていく。そのためには、日々の生活の中に生きがいを取り入れるとよい。
(植西聰)

5.
こういうふうにすることもできたろうに!と思い悩むことは、人間のなしうる最悪のことに他ならない。
(リヒテンベルク)
6.
やってみたら、またべつの力も出てくる。人間は変わる。倍々ゲームみたいに、変わった分の大きさでまた変わるから、度合いがだんだん大きゅうなっていく。
(田辺聖子)
7.
私が思っているどんな限界にも、その向こうにさらなる何かがある。
(アラン・コーエン)

8.
金銭と名誉欲は着手のきっかけにはなるであろうが、いったん仕事に取り付いたらばそれを忘れているようでなければならない。
(稲垣足穂)
9.
業績が伸びる条件は、誰からも好いてもらえる会社になることだ。
(関本忠弘)
10.
自己の望みを人間や被造物におくのは愚かなことである。
(ケンピス)