名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
そんなに「傑作」が書きたいのかね。
傑作を書いて、ちょっと聖人づらをしたいのだろう。
馬鹿野郎。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
井原退蔵が木戸一郎にあてた手紙より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
自分は君に、尊敬なんか、してもらいたくなかった。
お互い、なんの警戒も無しに遊びたかったのです。
それだけだ。


君は、愛情のわからぬ人だね。
いつでも何か、とくをしようとしていらいらしている、そんな神経はたまらない。
人に手紙を出すのも、旅行するのも、聖書を読むのも、女と遊ぶのも、井原と冗談を言い合うのも、みんな君の仕事に直接、役立つようにじたばた工夫しているのだから、かなわない。
__ Link __

そんなに「傑作」が書きたいのかね。
傑作を書いて、ちょっと聖人づらをしたいのだろう。
馬鹿野郎。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. (エベレストへの)挑戦を続けるのも止めるのも怖い。「どっちも怖いんだったら、やるしかない」。そう思って再挑戦の決意を固めました。
(野口健)


2. 今、まさに苦労していて、それを乗り越えるために様々な工夫をしている自分、その苦心の中から何かひらめきを得たときに、感動できる自分がいたなら、きっと、あなたは強くなる。
(大島伸洋)


3. 私たちを豊かにしてくれるのは、私たちが奪い取るものではなく、与えるものなのです。
(ヘンリー・ワード・ビーチャー)


4. 仕事を楽しんでいる人は、どんどんアイデアを出して、自分のやりたい方向に仕事を引っぱっていくから、ますます楽しくなる。
(堀場雅夫)



5. 屏風(びょうぶ)と商人(あきんど)は直(すぐ)にては立たぬ。
(日本の商人の格言)


6. 何かを続けてしているうちに、それを一所懸命にすればするほど、当初の目的から外れていく可能性がある。目的達成のために利用している手段を追求しているうちに、熱中するあまりその手段を目的と見誤ってしまう……
(山崎武也)


7. 完全主義を自分に課し、毎日を生きるのは大変つらいことです。しかし、習い性となれば、苦もなくできるようになります。完全な仕事の追求を、日々の習慣としなければなりません。
(稲盛和夫)



8. 希望とは、一般に信じられていることとは反対で、あきらめにも等しいものである。そして、生きることは、あきらめないことである。
(カミュ)


9. 本当の音楽はメロディじゃなくハーモニーにあるんです。魂をゆするような深い感動はハーモニー以外にはありませんよ。
(高木東六)


10. おれは高く清く働こう。夜昼なく働いて、おれの勤勉労苦だけで成功を勝ち得たい。それは一番のろい成功となるかもしれない。だが、自分の生活を反省し、百合(ゆり)のようにそれが正常たるのを見るほど美しいこ……
(バルザック)