名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
呑気(のんき)と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする。


[ 出典 ]
夏目漱石[なつめ・そうせき]
(明治の小説家、評論家、英文学者、1867〜1916)
『吾輩は猫である』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 神様は、どんな人にも一つだけ、才能を授けてこの世に送り出しているから、その才能を一緒に見つけてやることが、親の大切な役割なんだよ。
(リチャード・H・モリタ)


2. 信じるということは、あることを本当として受け入れることです。
(ジョセフ・マーフィー)


3. 信者という字を横に並べて書くと、儲かるという字になるのですぞ。
(永六輔)


4. 一日中礼儀正しく朗らかな気持ちで仕事をすれば、一日中腹を立てて仕事をした時よりも、夜寝る時の疲労がずっと少ない。にこにこ朗らかにしていれば緊張がほぐれる。疲れるのは仕事のせいではない。心の持ちよう……
(デール・カーネギー)



5. 私は六人の誠実な召使いを持っています。私が知っていることは、みな彼らが教えてくれたのです。彼らの名は「なぜ」「なにを」「いつ」「誰が」「どこで」そして「いかに」です。
(キップリング)


6. 年寄りじみたものの言いようや動作をできるだけしないように注意することである。ものを言うときも、溌剌(はつらつ)とした気分で、丹田の力で、できるだけ勢いのある音声をはっするようにし、立ちふるまいも活……
(中村天風)


7. すべての根本は虚栄だ。われわれが良心と称するものすら、結局は虚栄の隠れた萌芽にすぎない。
(フローベール)



8. あらゆる人を褒(ほ)める人は、誰をも褒めないのである。
(サミュエル・ジョンソン)


9. あなたはなぜそれをするのか? 何を表現したいのか?
(ながれおとや)


10. 結婚とはセルフサービスの食事のようなものだ。自分の欲しい料理を選んだ後で、隣りの人たちのお皿の中身を見る。そして、どうして自分は彼らと同じ物を選ばなかったのだろうと自問するのだ。
(J・ドラークル)