名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
悲観的な気持ちが最もつのる時期は二十一歳くらいのときにやってくる。
それはその頃初めて夢を現実に変えようと試みるからだ。


[ 出典 ]
ヘイウッド・ブルーン
[ヘイウッド・キャンプベル・ブルーン]
(米国のジャーナリスト、スポーツライター、コラムニスト、編集者、1888〜1939)
『憎悪録』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
だれでもこの山に、動き出して海の中に入れと言い、その言ったことは必ず成ると心に疑わないで信じるなら、その通りに成るであろう。
(『新約聖書』)
2.
好きか嫌いかで決めろ。人間どうしたって、好きなことしかできないだろ。
(作者不詳)
3.
文明は、多くのものを失わせた。失われたものが大きいなら、ならばこそ、それを十分に穴埋めすることはもちろん、その悔いと空虚を逆の力に作用させて、それよりもっとすぐれたものを創る。そう決意すればなんで……
(岡本太郎)
4.
寝たきり老人じゃありません。寝かされたきり老人でございます。
(永六輔)

5.
私の耳は貝のから 海の響きを懐かしむ
(ジャン・コクトー)
6.
せめて誠実な人間でだけありたい等と、それが最低のつつましい、あきらめ切った願いのように安易に言っている恐ろしい女流作家なんかもあったようですが、何が「せめて」だ。それこそ大天才でなければ到達出来な……
(太宰治)
7.
女の力を無視したがる男は、現実が見えないのである。
(大庭みな子)

8.
平和は人類最高の理想なり。
(ゲーテ)
9.
人間がいろんな問題にぶつかって、はたと困るということは、すばらしい“チャンス”なのである。
(本田宗一郎)
10.
共生以外の唯一の道は、共に破滅することである。
(ネルー)