名言ナビ



[ 名言 ]
ここをくぐってゆくと、そのむこうにもう一つの時間がある。
もう一つの時間への入口を気づかせるということが、そもそも本のいちばん大事な仕事。

[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『読書からはじまる』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
ここからもう一つの時間がある。
ここをくぐってゆくと、そのむこうにもう一つの時間がある。
今は忘れていて、しかも忘れていることさえ気づいてもいない。
けれども、そこにずっとある。
そこに大事なものがあると語りかけてくる。
(中略)もう一つの時間への入口を気づかせるということが、そもそも本のいちばん大事な仕事だからです。
こちら側だけの考えでは計れないものが、そこにあるということを思いおこさせるのが、本のひめているちからです。


[ ランダム名言 ]
1.
人間が二人集まれば、会話の三分の二まで人のうわさである。
(菊池寛)
2.
おなじものを食べて、ぼくらは、近くなる。
(秋の東北ディスティネーションの広告コピー)
3.
政治家が戦争を始め、兵隊はそこに巻き込まれて戦い、そして死んでいくのだ。
(作者不詳)
4.
少年老い易く、学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。
(朱子)

5.
情報を知るということは、未来を知ることである。人より先に情報を知るということは、人より先に未来を知ることである。
(ながれおとや)
6.
常に相手の立場を考える、他人に迷惑をかけない──それは信頼を生む柱である。
(長島恭助)
7.
自分の考え方を変えることによって、いくらでも逆境を順境に変えることができる。
(植西聰)

8.
笑えば心持は、何となくのびのびと朗らかになる。この簡単な事実を案外多くの人は見逃している。
(中村天風)
9.
嘘は、他人に向かって投げ与える骨であるが、その骨が自分ののどにひっかかる。
(ルーマニアの格言)
10.
不可能への挑戦を専門とする人々がもっと必要だ。
(セオドー・ロスク)