名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間の生きているということが「善」であるし、その為すこともすべて「善」なのだ。
なにをするかは問題ではない。
人間が本心からすることは、善悪の約束に反しているようにみえることでも、結局は善をあらわすことになる。


[ 出典 ]
山本周五郎[やまもと・しゅうごろう]
(大正・昭和の小説家、1903〜1967)
『天地静大』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
人間にはそれぞれ性格があるし、見るところも考え方もみんな違っている。
一人ひとりが各自の人生を持っているし、当人にとっては自分の価値判断がなによりも正しい。
__ Link __

善悪の区別は集団生活の約束から生まれたもので、「人間」そのものをつきつめて考えれば、そういう区別は存在しない。
__ Link __

人間の生きているということが「善」であるし、その為すこともすべて「善」なのだ。
なにをするかは問題ではない。
人間が本心からすることは、善悪の約束に反しているようにみえることでも、結局は善をあらわすことになる。
__ Link __

人間はめいめい孤独で、しかも善で、しかし集団となると狂気のように互いにいがみあう。
これはどうしようもないことだ。
それぞれの運命に耐えてゆくよりしかたない。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 仕事に困難や失敗はつきものだ。そのようなときに、困難に敢然と挑戦し、失敗に屈せず、再起させるものが執念である。
(土光敏夫)


2. 真理が自分の罪業を証明しないかと、真理を畏(おそ)れ始めるときほど不幸なことはない。
(パスカル)


3. 特に行くべき場所がなくとも、旅立ちの時というものがある。
(テネシー・ウィリアムズ)


4. あんたは僕の仕事が気に食わない。僕を信用しなかった。だからって、あんたを嫌な人間だと考えるのは間違ってる。
(レイモンド・チャンドラー)



5. 目に見える鉄格子があるのが留置場で、目に見えない不自由と言う名の鉄格子があるのが世間である。
(唐十郎)


6. 「あいつができるのなら、俺にもできる」ということを喚起させることが、組織を活性化させるには大事なことである。
(樋口廣太郎)


7. 常識で曇ったガラスを手で拭きはらえ。
(中坊公平)



8. 自分自身から離れるのは、罪だ。僕たちは、亀のように自分自身の中にすっぽりもぐりこむことができなくてはならない。
(ヘルマン・ヘッセ)


9. 今からでもおそくない。今からでもおそくないのである。
(松下幸之助)


10. 神は辛抱強い者を助ける。
(ムハンマド『コーラン』)