名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
神の愛する者は夭逝(ようせい)する。


[ 出典 ]
バイロン
[ジョージ・ゴードン・バイロン]
(18〜19世紀イギリスの詩人、1788〜1824)

[ 意味 ]
神々が愛する人は、神ができるだけ早い再会を望むので、若くして死ぬことが多い。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
喧嘩というものは自分本位にやるべきもので、いいたいことをいって、こちらの溜飲が下がれば、それで最上としなければならない。勝ち負けにこだわる必要はない。
(河盛好蔵)
2.
自分というのはだれなんだろう。どうやって「わたし」や「ぼく」は、一人の自分になってきたんだろう。このいちばん古くて、いつでも新しい問いを、自分のことばで書きとめること。
(長田弘)
3.
「愛」の前で自分の損得を考えること自体、ナンセンスだ。そんな男は女を愛する資格はない。
(岡本太郎)
4.
僕は基本的に自分の才能を疑っている人間なので、才能がないんだったら、ひたすら人のやらないアクションを起こすことしかないって事を自分に言い聞かせてます。
(水野敬也)

5.
君子は安にして危を忘れず、存にして亡を忘れず、治(ち)にいて乱を忘れず。
(『易経』)
6.
青年は貞節であろうとして貞節でない。老人は不貞であろうとして不貞になれない。
(ワイルド)
7.
人は、強い刺激を求めているうちに、危険に対する警戒心も麻痺してしまうことがある。
(渋谷昌三)

8.
私たちは、誰か人のことを本当に知っていると言えるだろうか? ある顔を隠すために別の顔を装うということをしない人間などいるだろうか?
(フランシス・マリオン)
9.
心を平らにし、気を和やかにす。これ身を養い、徳を養うの工夫。
(貝原益軒)
10.
行け、わが友よ、新たな世界を求めるのに、遅すぎることはない。
(テニスン)