名言ナビ



[ 名言 ]
蝋燭は彼自身を燃やす他に他意もなければ野心もなく、一心に自分を灯(とも)して行く他ありません。
たとへ彼の垂れた蝋が畳を汚すことがあらうと、敷物を汚すことがあらうと、彼自身にはそれに就(つ)いて私は灯っていますと云(い)うことより一言も云いやうがないのです。
何と云われやうとも黙って灯って行く他に途(みち)はないのです。

[ 出典 ]
高光大船[たかみつ・だいせん]
(浄土真宗の僧侶、1879〜1951)
『「直道」 灯をかかげて』(1935年11月)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
蝋燭(ろうそく)がともされますと、火口がだんだんとけ初めて、やがては蝋は垂れるようになり、形がくづれ出し、終(つい)には畳の上や敷物の上へ蝋がこぼれます。
この蝋燭のみにくさは彼自身の灯の光りで彼自身を人前に露出しているのです。
しかし彼は、人々が蝋が垂れたの、芯が延びたのとはやし立てている間でも黙って灯っているのです。
そして四方八方から勝手放題な批評を受けつつ、彼は燃えて燃えてやがては燃え尽くしてしまふのです。


蝋燭は彼自身を燃やす他に他意もなければ野心もなく、一心に自分を灯して行く他ありません。
たとへ彼の垂れた蝋が畳を汚すことがあらうと、敷物を汚すことがあらうと、彼自身にはそれに就(つ)いて私は灯っていますと云(い)うことより一言も云いやうがないのです。
何と云われやうとも黙って灯って行く他に途(みち)はないのです。


若(も)しかして蝋燭が彼自身を忘れて他人の云ふことに応答でも試みようとでもしようものなら、彼の灯は消えてしまふのです。


[ ランダム名言 ]
1.
心を忘れた科学には、幸せ求める夢がない。
(アニメ『ミクロイドS』)
2.
生きるとは、悩み、苦しみ、それでも考え続け、道を選び続けること。
(アニメ『DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION』)
3.
世界の歴史は、剣と血の歴史である。
(九条武子)
4.
私たちが否定的、破壊的に物事を考える場合には、水をまくホースを足で踏みつけているのと同じように、私たちのエネルギーは潜在意識の中でせきとめられ、あらゆる種類の欠乏、限界を生み出すことになります。
(ジョセフ・マーフィー)

5.
最大の災害は自ら招くものである。
(ルソー)
6.
酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。しかし、樽の中の酒を保とうとするには、栓よ……
(岩崎弥太郎)
7.
お金を払っても、やりたい仕事ですか?
(本田健)

8.
負けを認めるまでは負けることはない。
(ジョセファス・ダニエルズ)
9.
歴史、哲学、教育、宗教、法律、政治、経済、社会、そんな学問なんかより、ひとりの処女の微笑が尊いというファウスト博士の勇敢なる実証。
(太宰治)
10.
精神と物質はひとつの実在の両面にほかなりません。物質とは、目に見える程度にまで引き下げられたあなたの精神です。物質は精神のもっとも低い段階であり、精神は物質のもっとも高い段階です。
(ジョセフ・マーフィー)