名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(私の)葬式の為に誰からも一文でも受け取ってはならぬ…ただし親友だけはこの限りにあらず。


[ 出典 ]
魯迅[ろじん]
(20世紀前半・中国の小説家、1881〜1936)
遺言(1)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
葬式
魯迅の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
1.葬式の為に誰からも一文でも受け取ってはならぬ…ただし親友だけはこの限りにあらず。
2.さっさと棺に入れ、埋め、片付けてしまう事。
3.何なりと記念めいた事をしてはならぬ。
4.私の事を忘れて自分の生活に構ってくれ…でないと全く阿呆者だ。
5.子供が成長して、もし才能がなければつつましい仕事を求め生活せよ。
絶対に空疎な文学者や美術家になるな。
6.他人がお前に約束したものを当てにしてはならぬ。
7.他人を傷つけながら報復に反対し、心の広さを主張する者、こんな人間には決して近づいてはならぬ。


[ ランダム名言 ]
1.
人が自らの容量を超えて完全になろうとするとき、影は地獄に降りて悪魔となる。なぜならばこの自然界において、人が人間以上のものになることは、自分以下のものになるのと同じくらい罪深いことであるからだ。
(村上春樹)
2.
浮気された妻(夫)は、「夫(妻)にそれを仕向けた」と解釈することができます。なぜなら夫婦という親密な関係にあっては、一方の思考や行動は、他方の思考や行動の反映でもあるからです。
(ジョセフ・マーフィー)
3.
最もよく知られた悪は、いちばん堪えられるものである。
(リウィウス)
4.
幸福の要は、ありのままの自分でいることを厭わぬこと。
(エラスムス)

5.
明日死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くないのです。
(中村天風)
6.
明日は今日と違う自分になる。
(デイル・ドーテン)
7.
人間は失敗する権利をもっている。しかし失敗には反省という義務がついてくる。
(本田宗一郎)

8.
信頼は強制によって醸成されているものではない。人間に信頼を強いることはできない。
(ダニエル・ウェブスター)
9.
顔に喜びをたたえ、快い眼差しを向け、心に喜びを持って、快い言葉を語ることこそ、正しい道である
(ティルヴァッルバッル)
10.
私は一生のうちで、自分ほど幸福に対する才能に恵まれた人間に会ったことはないし、また私ほど頑強にしゃにむに幸福に向かって突進していった人間を知らない。
(ボーヴォワール)