名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
何をなすべきかを語る言葉は、果敢な言葉。
しばしば戦端をひらいてきた言葉です。
何をなすべきでないかを語る言葉は、留保の言葉。
戦争の終わりにつねにのこされてきた言葉です。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『不戦支えた「留保の言葉」』
(「朝日新聞」2005年1月13日朝刊─「私たちがいる所・戦後60年から」
※『知恵の悲しみの時代』より、エピローグ

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
戦争は、いまでは多くが、宣戦布告による国家間の、終わりをめざす戦いではなくなって、パニックによって激発する、終わりのない戦いになっています。
__ Link __

それだけにいまためされているのは、何をなすべきかでなく、何をなすべきでないかを言いうる、言葉の力です。
__ Link __

何をなすべきかを語る言葉は、果敢な言葉。
しばしば戦端をひらいてきた言葉です。
何をなすべきでないかを語る言葉は、留保の言葉。
戦争の終わりにつねにのこされてきた言葉です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
「芸術家とは何ですか。」 「豚の鼻です。」 「それは、ひどい。」 「鼻は、すみれの匂いを知っています。」
(太宰治)
2.
不可能を可能にする。それが研究だ。
(世耕弘一)
3.
不立文字(ふりゅうもんじ)──(意味)技や技術を習得するとき、文字を読んだり言葉による説明を受けたりして身につけるのではなく、日々の修行を通じて身につけていくこと。
(禅や武道における言葉)
4.
人間は、高圧的な言い方をされると、たとえ、それが正しいことであっても、拒否反応を示す傾向がある。

5.
不透明な物体は、表面に必ず光と影をまとっている。
(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
6.
「負けず嫌い」というのがないと上がれない。
(谷川浩司)
7.
あらゆる芸術の基盤には「かなしみ」がある。しかしその悲しみは「泣く」という字では表現できず、「哭」という字で辛うじて表現できる。
(棟方志功)

8.
自分の能力以上を求められる環境でなければ、個人の成長は難しいんです。
(柳井正)
9.
人間は戦わねばならない。困難こそ、進歩する為のチャンスとなるのだ。
(デューイ)
10.
安心を求める事こそ人間の目的だ。
(漫画『ジョジョの奇妙な冒険』)