名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
君子の交わりは淡きこと水のごとく、小人(しょうじん)の交わりは甘きこと醴(あまざけ)のごとし。


[ 出典 ]
荘子[そうし]
(中国戦国時代の思想家・道教の始祖、前369〜286)
『荘子』(そうじ)─山木

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
君子の交わりは淡きこと水の如(ごと)し。

(ver.2)
君子の交わりは淡き水の如(ごと)し。

[ 意味 ]

[ 補足 ]
(意味)
人との交際の仕方は、あっさりとして淡白な、水のような付き合いの方が、飽きずに長続きする。
一方、甘ったるくべたべたした、甘酒のような付き合い方だと、かえってすぐに飽きてしまうものである。
また、思慮の深い者同士の場合、それぞれが自分の世界を持っているので、不必要に長時間つるむこともなく、自然と淡白な付き合い方になる。
一方、思慮の浅い者同士の場合、人とつるむこと自体が交際の目的となるので、一緒にいる時間が無駄に長くなり、その分、仲違いを起こす確率も高まり、結局交際は長続きしなくなる。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
君子
交わり
交際

淡白
小人
甘い
荘子の名言


[ ランダム名言 ]
1.
予知するために予見する。予見するために観察する。
(オーギュスト・コント)
2.
社員は誰もが、積極的に新しい提案をできるようにならなければいけない。
(堀場雅夫)
3.
身分なんて金貨の打ち模様、人間こそが地金だい!
(ロバート・バーンズ)
4.
自分が選んだ仕事で失敗する人は、たいてい失敗の心のパターンを持っているものである。その心のイメージ(パターン)を変え、成功、達成、人生における目標の実現を思い描くことが必要である。そうすればあなた……
(ジョセフ・マーフィー)

5.
禍(か)の作(おこ)るは作るの日に作るにあらず、また必ず由(よ)って兆す所あり。
(蘇洵)
6.
いいか、一升ビンに一升五合は入らねェんだ。
(永六輔)
7.
(息子に)あんなにやかましく、こまごま言ってやるのは、わしの、深く考えた上での計略なんだ。あの子だって、うるさいとは思っていながら、自分に何かとやかましく言ってくれる者が在るという思いは、また、あ……
(太宰治)

8.
あらゆる家の屋根から叫びたい、ただ一つの事実がある。それは今この場で、よい人生が待っているということだ。
(B・F・スキナー)
9.
スケベっていうのは、色々な仕事が出来る人なんだよ。ものすごく好奇心旺盛な証拠だからね。
(宮崎学)
10.
(適職探しで)自分を大切に思うことは、もちろん幸福への第一歩だ。本当にやりたいことが決まったのなら、それでよい。しかし、あまりに自分にこだわりすぎるのは、かえって自分を失い、自分を不幸にすることも……
(植西聰)