名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人生の自然な目的によって計るとき、貧しさは大いなる富となり、限度を知らぬ富は大いなる貧しさとなる。


[ 出典 ]
エピクロス
(紀元前4〜3世紀・古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者、前341〜前270)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 他人のために暮らすのはもうたくさんだ。せめてこのわずかな余生を、みずからのために生きようではないか。
(モンテーニュ)


2. 人間の苦しみの中で、猜疑心という奴が一番苦しいものかな。火刑(ひあぶり)よりも磔(はりつけ)よりも苦しいかも知れないな。
(井上靖)


3. 誰でも、自分を受け入れる技術を学ばなければ、自尊の心を持つことはできない。
(ジョシュア・リーブマン)


4. 人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。
(サミュエル・ウルマン)



5. 経営者が社員の給料を増やすことは大事である。しかし、社員が魂を打ち込んで仕事ができる環境を整えることのほうが、さらに大事である。
(松下幸之助)


6. 姉妹げんかは、犬どころかバクテリアだって食わないのよ。
(今野緒雪)


7. 中傷される人間は二重に傷つけられる。第一に、中傷を言う人間によって、第二には、中傷を信ずる者によってである。
(ヘロドトス)



8. 学校時代は人生で最も不幸な時期だと思う。そこにあるのは退屈でわけのわからない作業、やっかいな規則、そして常識と良識に対する法外な侵害だけだ。
(メンケン)


9. 利己にとらわれない正しい判断基準、価値観を持つことができるようになってはじめて、私たちは「足(たる)を知る」ことができ、心から「豊かさ」を実感することができるようになるのです。
(稲盛和夫)


10. 軍の習(ならい)、負くるは常の事なり。只(ただ)戦うべき所を戦わずして、身を慎むを以て恥とす。
(『太平記』)