名言ナビ



[ 名言 ]
風車、風が吹くまで、昼寝かな

[ 出典 ]
広田弘毅[ひろた・こうき]
(第32代内閣総理大臣・外交官、1878〜1948)
外交官時代、左遷された時の言葉

ページ内メニュー

[ 関連キーワード ]
風車
風が吹く
昼寝

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 解説 ]
どんな人にも不遇の時期というのは、必ず一度や二度はあります。
降格、左遷、リストラ、非難、仲間はずれ……。
そんなとき、たいていの人は、将来を心配して焦ったり、悩み苦しんだり、ひどく落ち込んで腐ったりするものです。
時には、自暴自棄になったり、無謀な行動に出たりして、人生の泥沼にはまることもあります。


■しかし、いくら焦っても、行動で事態を変えようとしても、どうにもならない場合だってあるのです。
たとえば、台風が来たときは、家の中でじっとしていて、台風が過ぎ去るのひたすら待つでしょう?
それと同じです。
つまり、困難をやりすごすのです。


■不遇な時期に遭遇したら、まずは気分を鎮めて、ゆったりと構えることが大切です。
心の平静と余裕を失うと、さらに事態の悪化を招く場合もあるからです。


■そして、静かに待つ。
「果報は寝て待て」という言葉があるように、良い知らせがくるまで昼寝でもして、待っていればいいのです。
昼寝がもったいないなら、大好きな趣味に没頭するのもいいでしょう。
これを機会に、本を読んだり、音楽を聴いたり、芸術を鑑賞したりして、教養を高めるのもいいかもしれません。


■とにかく、じっと待っていれば、いずれ自分に味方する風、追い風が吹いてきます。
それまで、エネルギーをたっぷり蓄えておきましょう。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]
1.

2.

3.

4.


5.
( 中邨秀雄 )

6.
( 梅田望夫 )

7.
( 西洋のことわざ )


8.
( メアリー・アッシュ )

9.

10.
( 金森政雄 )