名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
作品の最後の一行に於(おい)て読者に背負い投げを食わせるのは、あまりいい味のものでもなかろう。
所謂(いわゆる)「落ち」を、ひた隠しに隠して、にゅっと出る、それを、並々ならぬ才能と見做(みな)す先輩はあわれむべき哉(かな)。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『如是我聞』(にょぜがもん)

[ 補足 ]
※志賀直哉のこと

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
これを書き終えたとき、私は偶然に、ある雑誌の座談会の速記録を読んだ。
それによると、志賀直哉という人が、「二、三日前に太宰君の『犯人』とかいうのを読んだけれども、実につまらないと思ったね。
始めからわかっているんだから、しまいを読まなくたって落ちはわかっているし……」と、おっしゃって、いや、言っていることになっているが、(しかし、座談会の速記録、或(ある)いは、インタヴィユは、そのご本人に覚えのないことが多いものである。
 いい加減なものであるから、それを取り上げるのはどうかと思うけれども、志賀という個人に対してでなく、そういう言葉に対して、少し言い返したいのである)
作品の最後の一行に於(おい)て読者に背負い投げを食わせるのは、あまりいい味のものでもなかろう。
所謂(いわゆる)「落ち」を、ひた隠しに隠して、にゅっと出る、それを、並々ならぬ才能と見做(みな)す先輩はあわれむべき哉(かな)、
__ Link __

芸術は試合でないのである。
奉仕である。
読むものをして傷つけまいとする奉仕である。
けれども、傷つけられて喜ぶ変態者も多いようだからかなわぬ。
__ Link __

あの座談会の速記録が志賀直哉という人の言葉そのままでないにしても、もしそれに似たようなことを言ったとしたなら、それはあの老人の自己破産である。
いい気なものだね。
うぬぼれ鏡というものが、おまえの家にもあるようだね。
「落ち」を避けて、しかし、その暗示と興奮で書いて来たのはおまえじゃないか。
なお、その老人に茶坊主の如く阿諛追従(あゆついしょう)して、まったく左様でゴゼエマス、大衆小説みたいですね、と言っている卑しく痩(や)せた俗物作家、これは論外。


[ ランダム名言 ]
1.
勇気を得たのなんのと、その場かぎりの興奮から軽薄な大袈裟(おおげさ)な事ばかりを言い散らす人は、昔から、なまけものの、お体裁屋(ていさいや)にきまって居ります。
(太宰治)
2.
美しさは、人から指定されて感じいるものではなくて、自分で、自分ひとりで、ふっと発見するものです。
(太宰治)
3.
家を建てるのは住むためで、人に見せるためではない。
(フランシス・ベーコン)
4.
まねばかりでなく、しかも取りかえしのつかない大きな失敗もしたくないなら、早い段階での失敗を恐れてはならない。
(湯川秀樹)

5.
貧乏人根性というものは、決していいものではない。貯金のたくさんある人には、やっぱりどこか犯しがたい雅操がある。個人の品位を保つ上にも貯金は不可欠のものである
(太宰治)
6.
没落してゆく民族がまず最初に失うものは、節度である。
(シュティフター)
7.
多くの人間たちにとって、不幸を癒す薬は沈黙である。とりわけ分別のある者には。
(カルキノースU)

8.
愚者どもを支配するよりも、愚者どもに支配される方がまさる。
(デモクリトス)
9.
断ずべきに断ぜざれば、かえってその乱を招く。
(『漢書』)
10.
あらゆる詐欺の中で最も最悪なものは自己欺瞞である。
(ベイリー)