名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
他人とうまくやっていくには、部分的なあきらめ・譲歩・我慢、つまり、「これについては仕方ない」と断念することが必要不可欠である。
欲を出して、相手に完璧を求めるから、相手の色々な部分に腹が立ち、イライラするのである。


[ 出典 ]
作者不詳

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. K君は決して他人の悪口を言はない。他人の批評をしない。決して蔭口をきかない。けれども、厭なもの、くだらぬものの傍(かたわら)は黙って通りすぎる人であった。
(太宰治)


2. 有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だがこれは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、かつその人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があって……
(渋沢栄一)


3. やりがいのある目標を目指せ。
(ソロン)


4. 先(ま)ずやりなさい。必要なのは、やってみる勇気。失敗すれば、又やれば良い。
(西堀栄三郎)



5. 代数学と幾何学は、すべての学問のうちで最も易しく明らかであり、どんなものでもその対象にできるのである。なぜなら、不注意さえしなければ、そこにどんな誤りも入り込むはずがないのだから。
(デカルト)


6. 単独行動の動物である猫は、一つの目的を持ち、単身で自分の意のままに行動するが、犬は主人同様、頭の中が混乱している。
(H・G・ウェルズ)


7. 運とか偶然とかめぐり合わせなどというようなものは存在しません。あなたはあなた自身の大望の高みまで上昇するか、あなた自身について描く最も低い概念にまで降下するかのどちらかなのです。
(ジョセフ・マーフィー)



8. 物事がうまくいかないときは、味方がいないような気がするものだ。そんなときでも、「自分だけは自分の味方である」という感覚がもてるよう、訓練をしておくことだ。
(齋藤孝)


9. 経験とは、誰もが自分の愚行に与えている名前のことだ。
(ワイルド)


10. 「日本あっての世界」ではなくて、「世界あっての日本」なのです。
(盛田昭夫)