名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
たのしみは物識人に稀に逢いて
いにしえ今を語り合う時


[ 出典 ]
橘曙覧[たちばなのあけみ]
(幕末の歌人、1812〜1868)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
楽しみ
物知り

会う
昔を語り合う
今を語り合う
橘曙覧の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
※彼の和歌のうち「たのしみは」で始まる十四首──

たのしみは珍しき書(ふみ)人に借り はじめ一ひらひろげたる時
__ Link __

たのしみは妻子睦(むつ)まじく打ち集(つど)い かしらならべて物を食う時
__ Link __

たのしみは朝起きいでて昨日まで なかり花の咲ける見る時
__ Link __

たのしみは心にかのう山水の あたり静かに見てありく時
__ Link __

たのしみは常に見なれぬ鳥の来て 軒遠からぬ樹に鳴きし時
__ Link __

たのしみは物識人に稀に逢いて いにしえ今を語り合う時
__ Link __

たのしみは稀に魚(うお)煮て子等(こら)皆(みな)が うましうましといいて食う時
__ Link __

たのしみはそぞろ読み行く書の中に われとひとしき人を見し時
__ Link __

たのしみは家内五人いつたりが 風だにひかでありあえる時

たのしみは三人の子供すくすくと 大きくなれる姿見る時
__ Link __

たのしみは人も訪い来ず事もなく 心を入れて書を見る時
__ Link __

たのしみは小豆の飯の冷えたるを 茶漬けてう物になして食う時

たのしみは神のみ国の民として 神の教えを深く思う時

たのしみは鈴屋大人(すずのやうし)の後に生まれ そのみさとしを受くる思う時


[ ランダム名言 ]

1. ハリウッドで信奉(しんぽう)されている「主義」は、盗用主義である。
(D・パーカー)


2. 花が咲いたら其(そ)れをば二人同じような心持で眺めたい。蝶が飛んだら二人して其れを追いたい。然らずば花が咲いても蝶が飛んでも、世は枯葉の翻(ひるがえ)る秋の夕暮に均しいではないか。
(永井荷風)


3. 音楽なしでは生きられないよ。僕はすっかり中毒さ。
(スティーヴ・ジャンセン)


4. キリストは愛によって一人で天国を建設したが、今日までにキリストのために何万人という人が死んだことか!
(ナポレオン・ボナパルト)



5. 別れのない出会いはない。
(格言)


6. 人間は逆境にあっては優れているが、安全と富を得ると、みじめで目的を失った生物となりがちである。
(デニス・ガボール)


7. 成すなかれ、天意に違うことを。
(勝海舟)



8. 志は、気の師なり。
(孟子)


9. 異教徒同士の結婚は危険である。いや、よく考えれば、あらゆる結婚が危険である。
(アインシュタイン)


10. 口に大義を唱えても、心に一致する何ものもなければ、同志も同志ではない。
(曹操孟徳)