名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(読者は)謙譲を、作家にのみ要求し、作家は大いに恐縮し、卑屈なほどへりくだって、そうして読者は旦那(だんな)である。
作家の私生活、底の底まで剥(は)ごうとする。
失敬である。
安売りしているのは作品である。
作家の人間までを売ってはいない。
謙譲は、読者にこそ之(これ)を要求したい。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『一歩前進二歩退却』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
真実は小説より奇なり。
(マーク・トウェイン)
2.
他の親切は、その当時にこそ余計なお世話に見えるが、後になると、もういっぺんうるさく干渉してもらいたい時期が来るものである。
(夏目漱石)
3.
大人(おとな)というものは侘(さび)しいものだ。愛し合っていても、用心して、他人行儀を守らなければならぬ。見事に裏切られて、赤恥をかいた事が多すぎたからである。
(太宰治)
4.
誰が正しいかではなく、誰が権限を掌握しているかが問題だ。
(「マーフィーの法則」)

5.
立派な箴言というものは、時の歯にとって余りに固すぎる。そしてあらゆる世紀もこれを食いつくせない。それはいつの時代のためにも栄養に役立つものであるけれども。
(ニーチェ)
6.
豊かさをヒト(=他人)のモノサシで、しかも、モノやカネで計っている限り、(豊かさを)実感するのは不可能であろう。
(大宅映子)
7.
眠りは、まぶたを覆うやいなや、善きも悪しきもすべてを忘れさせるもの。
(ホメロス)

8.
セールスマンのいらない商品をつくれ
(卯木肇)
9.
自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ。
(魯迅)
10.
会社の悪口いえるのは リストラされるまで!
(神戸にあるゲームセンター「メトロプレイランドZOO」のポスターの広告コピー)