名言ナビ



[ 名言 ]
(先生は)子どもの世話でも、科目を教えるのでも、やりすぎることはありません。
ごく自然に、自分の地のまんまで、自分が怠け者なら、うまく怠けた授業をやるんです。

[ 出典 ]
吉本隆明[よしもと・たかあき]
(思想家・詩人・文芸評論家、1924〜2012)
「ほぼ日刊イトイ新聞」(2008年5月1日)より

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
(先生は)自然にしているのがいいですよ。
努力していい先生になって、いい教育をしてやろうと思わないほうがいいです。
__ Link __

子どもの世話でも、科目を教えるのでも、やりすぎることはありません。
ごく自然に、自分の地のまんまで、自分が怠け者なら、うまく怠けた授業をやるんです。
__ Link __

子どもをよくしてやろうとか、そういうふうには、格別思わないようにしたほうがいいです。


生徒のほうを見ずに、黒板ばかり向いておしゃべりして、「わかったか?」とか言うだけでもいいんです。
__ Link __

(中略)ことさらいい先生になろうと思って、懸命な授業をやって、笑いを取ったり、楽しく授業を受けさせて、身につけさせて──そういうふうに、自分はどうやったらなれるだろうかなんて、馬鹿馬鹿しいことは考えないことです。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
「人生建設に絶対的に必要とする生命の力」とはどんなものかというと、次の六つに分類することができる。 @体力 A胆力 B精力 C能力 D判断力 E断行力 である。この六つのいずれか一つでも欠乏し、ま……
(中村天風)
2.
能力というのは、あらゆる方面に向かって伸びていくものです。
(ドラマ『3年B組金八先生(第4シリーズ)』)
3.
人口が減ること自体を悲観する必要はない。大事なのは、生産性を高める方向に変化できるかどうかだ。
(堺屋太一)
4.
勇敢な人々に克服できないものは何もない
(アレクサンダー大王)

5.
成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になることだ。
(シュバイツァー)
6.
教育と作法が人を作る。
(格言)
7.
最悪を想定し、最善を信じ、中庸を行く。
(作者不詳)

8.
外国人の旅行者にとっては、古いものだけが新しいのであって、それだけがその人の心を、ひきつけるのである。
(小泉八雲)
9.
人生には二つの悲劇がある。一つは願いがかなわないこと。もう一つは、それがかなってしまうこと。
(バーナード・ショー)
10.
人間の最も悲惨な状態、それは侮辱されることに慣れていくことである。
(貝原益軒)