名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
「ベター」「ベスト」というのは、比較するものがある時に使う言葉です。
しかし、新しい領域へ乗り出す開拓者は、真っ暗の中、羅針盤も持たず海岸へ向かう船と同じなのですから、「完全」でなければならないのです。
それは自分以外に頼るものがないからです。
「完全」をめざすということは、自らの内なる理想に対するあくなき追求を意味します。


[ 出典 ]
稲盛和夫[いなもり・かずお]
(実業家、京セラ・第二電電[現KDDI]創業者、1932〜)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
「ベター」「ベスト」というのは、比較するものがある時に使う言葉です。
しかし、新しい領域へ乗り出す開拓者は、真っ暗の中、羅針盤も持たず海岸へ向かう船と同じなのですから、「完全」でなければならないのです。
それは自分以外に頼るものがないからです。
「完全」をめざすということは、自らの内なる理想に対するあくなき追求を意味します。
__ Link __

創造の領域では、基準となるものは何もありません。
自分自身の中に羅針盤を求めて、方向を定め、進んでゆかなければならないのです。
__ Link __

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 他人にご馳走になるときは、出来るだけたくさん食べる。そんなとき、まずいものをおいしいと云(い)う必要はないが、おいしいものは明らかに口に出してそう云う。
(菊池寛)


2. ダメなことを何とかモノにしようと思わない。早く見切りをつけてほかの道を考える。
(清宮克幸)


3. 一日は二十四時間…ビール一ケースは二十四本。これが偶然だろうか?
(スティーブン・ライト)


4. 心の仇(かたき)は心なりけり。
(仏教の教え)



5. もし失敗すればがっかりするかもしれない。しかし、もし何もしなければ絶望するであろう。
(ビヴァリー・シルズ)


6. 平生(へいぜい)に臨終すんで 葬式すんで わたしゃ あなたをまつばかり
(浅原才一)


7. 踏まれた草にも花が咲く。
(日本のことわざ)



8. 愛欲より憂いを生じ、愛欲よりおそれを生ず。愛欲を離れたる人に憂いなし。
(『法句経』)


9. 間違った。と思ったら、未練を残さず出直せ! そのときは失うものがいかに大きくとも、出直しによって今後得るものに比べれば、何ほどのこともなかろう。
(後藤清一)


10. 女の顔は男の憎しみがかかればかかる程美しくなる。
(谷崎潤一郎)