名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
書くというのは、二人称をつくりだす試みです。
書くことは、そこにいない人にむかって書くという行為です。
文字をつかって書くことは、目の前にいない人を、じぶんにとって無くてはならぬ存在に変えてゆくことです。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『すべてきみに宛てた手紙』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
詩を書くことは、いわば手仕事である。詩集というのは、心の刺繍(ししゅう)のようなものなのかもしれない。
(長田弘)
2.
最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は騒動のうちになされる。
(エジソン)
3.
以前にも成功をおさめたからといって、今度も以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。
(ドラッカー)
4.
小さなことの積み重ねでしか、大きな差別化って生み出せない、って思うんですよ。
(柴村恵美子)

5.
天は人の上に人を乗せて人をつくる。
(作者不詳)
6.
全ての人間がいかなる意識においても、またどんな時でも、自由かつ平等であったという教義は、まったく根拠のないフィクションである。
(トマス・ハクスリー)
7.
多数を頼む群(むれ)がらす
(日本のことわざ)

8.
男が妻に望むのはただの同棲者でもなく子どもの母親でもない。世の中の荒波を共に乗り切る相棒なんだ。
(映画『紳士協定』)
9.
新しい目標を持ったり、新しい夢を見るのに、歳をとり過ぎたということはない。
(C・S・ルイス)
10.
恋をはじめると、とても音楽が身にしみて来ますね。あれがコイのヤマイの一ばんたしかな兆候だと思います。
(太宰治)