名言ナビ



[ 名言 ]
詩は、奇抜さではなく巧みな過剰によって驚かせなければいけません──読者に、自分自身の最高の考えを言葉にしたものという印象を与え、それがほとんどひとつの思い出のように見えなければならないのです。

[ 出典 ]
キーツ
[ジョン・キーツ]
(19世紀イギリスのロマン派の詩人、1795〜1821)
1818年2月27日付けの手紙の中で

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
風をずっと受けながら(バイクで)一人で走っていると、心の中の汚れが落ちていく感じがする。
(齋藤孝)
2.
良いプログラマーより悪い管理者の方が見つけやすい。
(ジェラルド・ワインバーグ)
3.
いと暗き 穴に心を吸はれゆくごとく思ひて つかれて眠る
(石川啄木)
4.
考えるということは、自分の問いに明確に向き合うことなのだ。
(西研)

5.
「養之如春」(これを養う春の如し)──何事であれ、もの事を為すには、春の陽光が植物を育てるように為すべきだという意味である。“これを養う”の“これ”には何を当てはめてもいい。子供を育てることも、愛……
(井上靖)
6.
植物の保全から人間の文化まで、さまざまな分野を関連づけて考える。個々の要素に分解するだけでは、物事は理解できない。「関係性の思考」こそ重要である。
(南方熊楠)
7.
インスピレーションを待っていてはいけない。事を始めてしまえば、インスピレーションのほうからやってくるだろう。
(H・ジャクソン・ブラウンJr.)

8.
人は各種各様の旅をして、結局、自分が持っていたものだけを持って帰る。
(ゲーテ)
9.
人間には何分、時が過ぎたか、はっきりわからないのだから、一時間をそっくり捨てるなんて、とんでもないことだ。
(フランクリン)
10.
「安全第一」を守っていては、あまり遠くへボートを漕ぎ出せない。
(デール・カーネギー)