名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき


[ 出典 ]
林芙美子[はやし・ふみこ]
(小説家、1903〜1951)
『放浪記』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 神が罪を許さなければ、天国はいつまでもからっぽだろう。
(モハメッド・ベン・シュネブ)


2. 学問のある女性はたいてい、商品を全部ショーウィンドウに並べて、店の方をからっぽにしておく商人に似ている。
(オットー・ライクスナー)


3. 科学に対する支援として最も基本的なのは、ほっといてくれること、官僚的な馬鹿げた足の引っ張り合いや説教をしないことだ。
(ジェラルド・エデルマン)


4. 悟れば、一瞬にして幸来たる。
(中村天風)



5. 運がよくなくても悲観するな。悪い条件がかえって、プラスになることが多いものだ。運命というものは、与えられるものではなく、みずからつくり出し、切り開いていくものだ。
(井植歳男)


6. 仁愛は我が家にはじまり、そこで終わらない。
(西洋のことわざ)


7. 結婚は投資
(ロバート・A・マンデル)



8. (私は)死ぬる身を今生きているのではない。仏に生まれる「いのち」を今生きている。
(藤原千鶴子)


9. 雫が岩に穴を開けるのは、その力ではなく何度も落ちることによってである。
(オウィディウス)


10. 人がルールを守るべきなのではない。ルールが人を守るべきなのだ。
(アニメ『めだかボックス』)