名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
手を抜いたごまかしの作品でも何でもよい、とにかく抜け目なくジャアナリズムというものにねばって、二十年、先輩に対して礼を尽し、おとなしくしていると、どうやらやっと、「信頼」を得るに到るようである。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『如是我聞』(にょぜがもん)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私は文を売ってから、既に十五年にもなる。
しかし、いまだに私の言葉には何の権威もないようである。
まともに応接せられるには、もう二十年もかかるのだろう。
二十年。
手を抜いたごまかしの作品でも何でもよい、とにかく抜け目なくジャアナリズムというものにねばって、二十年、先輩に対して礼を尽し、おとなしくしていると、どうやらやっと、「信頼」を得るに到るようであるが、そこまでは、私にもさすがに、忍耐力の自信が無いのである。


[ ランダム名言 ]
1.
夢見てた未来は それほど離れちゃいない また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
(桜井和寿)
2.
自分の都合さえよければ、人が迷惑しようがあとはどうなろうとかまわんというのが、極重悪人や。我が身のことしか考えておらんのやから、我が身だけよければという考えでおるんや。で、一番困るのは極重悪人であ……
(米沢英雄)
3.
努力しない天才よりも、努力する鈍才のほうが、よけいに仕事をするだろう。
(アヴェブリー)
4.
一切の存在を諸仏として見出してくる世界が、阿弥陀の世界だ。
(宮城)

5.
人生とは、美しい刺繍を裏から見ているようなものだ。その模様が何を意味しているか、そのままでは分からないが、それを表から見られるようになったとき、その意味と美しさが分かる。
(ティヤール・ド・シャルダン)
6.
まず仕事をしよう。仕事さえすれば、みそ、しょうゆ、米、友だち、信用がついてくる。
(島田洋七)
7.
その人の前にでると 絶対にうそが言えない そういう人を持つといい
(相田みつを)

8.
やはりこの世の中には、文芸というものが無ければ、油の注入の少ない車輪のように、どんなに始めは勢いよく廻転しても、すぐに軋(きし)って破滅してしまうものかも知れない。
(太宰治)
9.
親は子供に助言し導くことはできるが、最終的な人格形成は子ども自身の手に委ねられる。
(アン・ランダース)
10.
すべての知識の源は、疑いではなく、驚きである。
(アブラハム・ヘシェル)