名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
誰しもはじめは、お手本に拠(よ)って習練を積むのですが、一個の創作家たるものが、いつまでもお手本の匂いから脱する事が出来ぬというのは、まことに腑甲斐(ふがい)ない話であります。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
井原退蔵が木戸一郎にあてた返事より
『芸術ぎらい』の中でも引用

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
誰しもはじめは、お手本に拠って習練を積むのですが、一個の創作家たるものが、いつまでもお手本の匂いから脱する事が出来ぬというのは、まことに腑甲斐(ふがい)ない話であります。
__ Link __

はっきり言うと、君は未だに誰かの調子を真似しています。
そこに目標を置いているようです。


〈芸術的〉という、あやふやな装飾の観念を捨てたらよい。
__ Link __

生きる事は、芸術でありません。
自然も、芸術でありません。
さらに極言すれば、小説も芸術でありません。
__ Link __

小説を芸術として考えようとしたところに、小説の堕落が胚胎(はいたい)していたという説を耳にした事がありますが、自分もそれを支持して居ります。
__ Link __

創作に於(お)いて最も当然に努めなければならぬ事は、〈正確を期する事〉であります。
その他には、何もありません。
風車が悪魔に見えた時には、ためらわず悪魔の描写をなすべきであります。
また風車が、やはり風車以外のものには見えなかった時は、そのまま風車の描写をするがよい。
__ Link __

風車が、実は、風車そのものに見えているのだけれども、それを悪魔のように描写しなければ〈芸術的〉でないかと思って、さまざま見え透いた工夫をして、ロマンチックを気取っている馬鹿な作家もありますが、あんなのは、一生かかったって何一つ掴めない。
__ Link __

小説に於いては、決して芸術的雰囲気をねらっては、いけません。
あれは、お手本のあねさまの絵の上に、薄い紙を載せ、震えながら鉛筆で透き写しをしているような、全く滑稽(こっけい)な幼い遊戯であります。
一つとして見るべきものがありません。
__ Link __

雰囲気の醸成を企図する事は、やはり自涜(じとく)であります。
〈チエホフ的に〉などと少しでも意識したならば、かならず無慙(むざん)に失敗します。
__ Link __

無闇(むやみ)に字面(じづら)を飾り、ことさらに漢字を避けたり、不要の風景の描写をしたり、みだりに花の名を記したりする事は厳に慎しみ、ただ実直に、印象の正確を期する事一つに努力してみて下さい。
__ Link __

君には未だ、君自身の印象というものが無いようにさえ見える。
それでは、いつまで経っても何一つ正確に描写する事が出来ない筈です。
__ Link __

主観的たれ!
強い一つの主観を持ってすすめ。
単純な眼を持て。
__ Link __

複雑という事は、かえって無思想の人の表情なのです。
それこそ、本当の無学です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
アイデアは頭からではなく、体から生まれる。アイデアを生み出しやすい体のことを、僕は「アイデア体質」と呼んでいますが、もしいいアイデアを出せるようになりたいなら、体質をアイデア体質に変えるしかない。……
(小山薫堂)
2.
人は他の何ものを知るよりも先に、自己自身を知ることを学ばなければならない。
(キルケゴール)
3.
仕事ができる人とは、楽しく仕事をする人のことである。
(伊藤肇)
4.
消しゴムが丸くなるごと苦労して きっと優しくなってゆくのだ
(萩原慎一郎)

5.
考えるよりも即行動しなさい。行動なくしては何事も起こらない。
(ジョセフ・マーフィー)
6.
志を立つることは大にして高くすべし。小にして低ければ、小成に安(やす)んじて成就なりがたし。天下第一等の人とならんと平生(へいぜい)志すべし。
(貝原益軒)
7.
希望を生かし続けなさい。
(ジェシー・ジャクソン)

8.
人間の生きているということが「善」であるし、その為すこともすべて「善」なのだ。なにをするかは問題ではない。人間が本心からすることは、善悪の約束に反しているようにみえることでも、結局は善をあらわすこ……
(山本周五郎)
9.
幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。
(ナポレオン・ボナパルト)
10.
あくる朝起きたら、また違う風が吹いているからね。
(河合隼雄)