名言ナビ



[ 名言 ]
(小説に於(お)いては)雰囲気の醸成を企図する事は、やはり自涜(じとく)であります。
〈チエホフ的に〉などと少しでも意識したならば、かならず無慙(むざん)に失敗します。

[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
井原退蔵が木戸一郎にあてた返事より
『芸術ぎらい』の中でも引用

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
誰しもはじめは、お手本に拠って習練を積むのですが、一個の創作家たるものが、いつまでもお手本の匂いから脱する事が出来ぬというのは、まことに腑甲斐(ふがい)ない話であります。
__ Link __

はっきり言うと、君は未だに誰かの調子を真似しています。
そこに目標を置いているようです。


〈芸術的〉という、あやふやな装飾の観念を捨てたらよい。
__ Link __

生きる事は、芸術でありません。
自然も、芸術でありません。
さらに極言すれば、小説も芸術でありません。
__ Link __

小説を芸術として考えようとしたところに、小説の堕落が胚胎(はいたい)していたという説を耳にした事がありますが、自分もそれを支持して居ります。
__ Link __

創作に於(お)いて最も当然に努めなければならぬ事は、〈正確を期する事〉であります。
その他には、何もありません。
風車が悪魔に見えた時には、ためらわず悪魔の描写をなすべきであります。
また風車が、やはり風車以外のものには見えなかった時は、そのまま風車の描写をするがよい。
__ Link __

風車が、実は、風車そのものに見えているのだけれども、それを悪魔のように描写しなければ〈芸術的〉でないかと思って、さまざま見え透いた工夫をして、ロマンチックを気取っている馬鹿な作家もありますが、あんなのは、一生かかったって何一つ掴めない。
__ Link __

小説に於いては、決して芸術的雰囲気をねらっては、いけません。
あれは、お手本のあねさまの絵の上に、薄い紙を載せ、震えながら鉛筆で透き写しをしているような、全く滑稽(こっけい)な幼い遊戯であります。
一つとして見るべきものがありません。
__ Link __

雰囲気の醸成を企図する事は、やはり自涜(じとく)であります。
〈チエホフ的に〉などと少しでも意識したならば、かならず無慙(むざん)に失敗します。
__ Link __

無闇(むやみ)に字面(じづら)を飾り、ことさらに漢字を避けたり、不要の風景の描写をしたり、みだりに花の名を記したりする事は厳に慎しみ、ただ実直に、印象の正確を期する事一つに努力してみて下さい。
__ Link __

君には未だ、君自身の印象というものが無いようにさえ見える。
それでは、いつまで経っても何一つ正確に描写する事が出来ない筈です。
__ Link __

主観的たれ!
強い一つの主観を持ってすすめ。
単純な眼を持て。
__ Link __

複雑という事は、かえって無思想の人の表情なのです。
それこそ、本当の無学です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
貞女(ていじょ)とは、多くの場合、世間の評判であり、その世間をカサに着た女のヨロイである。
(三島由紀夫)
2.
黙ったまま、ずっと雨空をみあげていると、いつかこころのバケツに雨水が溜まってくるようだ。むかし、ギリシアの哲人はいったっけ。
(長田弘)
3.
割り切れないのが人生なんです。だったら割り切れないことをするのがいいんだな。
(本田宗一郎)
4.
勝敗は六分か七分勝てば良い。八分の勝ちはすでに危険であり、九分、十分の勝ちは大敗を招く下地となる。
(武田信玄)

5.
死んでないやつには、まだチャンスがある。
(レバノンの格言)
6.
いい女は振り向かないものなんだよ。
(アニメ『夜ノヤッターマン』)
7.
老人を丁重におだやかに殺そうと思えば、若い妻をあてがえばよい。老人には効果満点の毒薬である。
(フリードリヒ3世)

8.
限界は記憶(安心領域)がつくっている。限界なんてウソ。無限の可能性がある。自分にかけている制限は、ただの記憶だ。
(ジェームス・スキナー)
9.
確信なきことは絶対に言うなかれ。確信なきことは絶対に為すなかれ。わがうちに信じえたるときは、すでに半ばを成就し得たる時である。
(後藤静香)
10.
コレラや尿石や結核や癌は、天上へ行く交通機関。
(ゴッホ)