名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
私小説は自己曝露の文学である。
この場合、自己曝露とは自己の周縁の他人曝露をもふくむ。


[ 出典 ]
車谷長吉[くるまたに・ちょうきつ]
(小説家、随筆家、1945〜)
『嘉村磯太の業苦』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
朋(とも)有り遠方より来たる、亦(また)楽しからずや。
(孔子)
2.
幸せは蝶に似ている。追いかければ見失ってしまうが、じっと座っていれば、飛んできて止まるからだ。
(ヘーゼルデン財団)
3.
相手側の言い分を聞いてやろう、という気持ちがなくなったら、もうその人の負けである。
(ラ・ロシュフコー)
4.
自分で自分を苦しめてる人って多いですね。自分は人づきあいが下手だ、口下手で恋人に逃げられる。そういう不平不満だけ数えて、努力をしない。自分だけが閉塞感を感じていると勘違いしている。
(美輪明宏)

5.
要は、お互いの価値観なんか乗り越えて、それでも相手のことが好きかどうかだ。価値観がどうのこうのという言い方は、恋愛に理屈を持ち込んでいるにすぎない。
(中谷彰宏)
6.
一浪してしまったとは思うな。一年間、宝を積んでいたと思え。
(青木栄)
7.
人を最も卑しくするのは羨望だ。
(斎藤茂太)

8.
教育には、明らかに2つの種類がある。ひとつは、いかに生計を立てるかを教えるもの。もうひとつは、いかに生きるかを教えるものだ。
(ジェームズ・トラスロー・アダムズ)
9.
国民は永遠に成熟しない。
(藤原正彦)
10.
愛と慎重さを結びつけようと試みる人は、恋愛を解しない人である。
(ヴィトリオ・アルフィエリ)