名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
百年たてば
自分の子や孫もなくなり
泥まみれの私の生涯を
知る人もなくなるだろう
然(しか)しそこに 草が繁り
虫が生きていたら 私はうれしいな


[ 出典 ]
榎本栄一[えのもと・えいいち]
(詩人、念仏者、1903〜1998)
詩集『群生海』
詩「百年」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人を判断するのに、その人の友人はもちろん敵をもって判断せよ。
(ジョゼフ・コンラッド)


2. 幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ。
(アラン)


3. 人と知り合うほど、助けてくれる人物も現れる。だから、動く、会う、しゃべる。
(藤巻幸男)


4. 多忙であることによって、自分は何か仕事をしたという錯覚を抱くことが出来る。
(亀井勝一郎)



5. 我々が書斎の窓からのぞいたり、ほお杖ついて考えたりするよりも、人生というものは、もっと広い、深い、もっと複雑で、そしてもっと融通のきくものである。
(石川啄木)


6. 目前の事実に対して、あまりにも的確の描写は、読むものにとっては、かえって、いやなものであります。
(太宰治)


7. 生ぜしもひとりなり、死するも独(ひとり)なり。されば人と共に住(じゅう)するも独なり、そひはつべき人なき故(ゆえ)なり。
(一遍)



8. 十年で一人前といいますけど、やる気になってやれば三ヶ月でも一人前。
(永六輔)


9. 現在のあなたは、過去の思考の産物である。そして明日のあなたは、今日何を考えるかで決まる。
(ジェームズ・アレン)


10. 老後の事が不安になりだすと、今までは何でもない事が許せなくなります。
(加藤諦三)