名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
立法者は何よりもまず中庸を得た精神の持ち主でなければならず、政治および道徳における正義は、常に両極端の間に位置するものである。


[ 出典 ]
モンテスキュー
[シャルル・ド・モンテスキュー]
(18世紀フランスの政治思想家・政治哲学者、1689〜1755)
『法の精神』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
言っておくが、私がこの本(=『法の精神』)を書いたのは、ただ次のことを証明せんがためだけであるように思われる。
すなわち、立法者は何よりもまず中庸を得た精神の持ち主でなければならず、政治および道徳における正義は、常に両極端の間に位置するものだ、ということである。


[ ランダム名言 ]
1.
弘法、筆を選ばず。
(日本のことわざ)
2.
真実はそれを最初に知った者に復讐する。
(遠藤周作)
3.
ひとのこという資格ない
(相田みつを)
4.
(我が社は)地元に根付いて社会貢献する人が、世界水準の仕事をして、主役になれるストーリーを作っていく。転勤を重ねて出世するストーリーは、今後一切いりません。
(柳井正)

5.
あなたが侮辱を受け入れるから、相手はあなたを侮辱するのです。
(加藤諦三)
6.
どんなときでも応用できるような政策をたてたことは一度もなかった。自分はその時点で最大の意義のあることを試みてきたに過ぎない。
(リンカーン)
7.
生きていることを、ただありがたく感謝しなさい! なかには、生きていることが憂いと思う人がある。そういう人には、ちゃんと、造物主が、早く死ねるようにしてくれる。
(中村天風)

8.
馬鹿者はね、ふざける事は真面目まじめでないと信じているんです。また、洒落しゃれは返答でないと思ってるらしい。そうして、いやに卒直なんて態度を要求する。
(太宰治)
9.
思わぬ失敗をしたり、不慮の災難に遭ったりなどして歎(なげ)かわしい事が起こってきたとしてもむやみと歎き悲しんではなりませぬ。これも前世の報いだと思って、早くあきらめなさるがよい。
(北条重時)
10.
他人の死を喜ぶな。私達は皆、死すべき者であることを思え。
(『旧約聖書』)