名言ナビ



[ 名言 ]
立法者は何よりもまず中庸を得た精神の持ち主でなければならず、政治および道徳における正義は、常に両極端の間に位置するものである。

[ 出典 ]
モンテスキュー
[シャルル・ド・モンテスキュー]
(18世紀フランスの政治思想家・政治哲学者、1689〜1755)
『法の精神』

ページ内メニュー

[ 関連キーワード ]

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
言っておくが、私がこの本(=『法の精神』)を書いたのは、ただ次のことを証明せんがためだけであるように思われる。
すなわち、立法者は何よりもまず中庸を得た精神の持ち主でなければならず、政治および道徳における正義は、常に両極端の間に位置するものだ、ということである。


[ ランダム名言 ]
1.
( 日本のことわざ )

2.

3.

4.


5.

6.

7.


8.

9.
( 北条重時 )

10.