名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
作家は小説を書かなければいけない──
そのとおりである。
そう思ったら、それを実際に行うべきである。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『碧眼托鉢』(へきがんたくはつ)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
作家は小説を書かなければいけない──
そのとおりである。
そう思ったら、それを実際に行うべきである。
__ Link __

聖書を読んだからといって、べつだん、その研究発表をせずともよい。
きょうのことは今日、あすのことは明日。
そのとおり行うべきである。
__ Link __

わかっただけでは、なんにもならない。
もうみんなが、わかってしまっているのだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
トマトがメロンになろうとするから不安なんです。
(相田みつを)
2.
終始一貫して僕が自分の漫画の中で描こうとしてきたのは、次の大きな主張です。「命を大事にしよう!」
(手塚治虫)
3.
欠点をそのままにしておくと、それがいずれ成長の足かせになる日がくる。常に欠点を乗り越えていかないと、前には進めないんです。
(古賀稔彦)
4.
誰だってよこしまな人間になり得る。自分の好きなだけよこしまになり得るのだ。
(チェスタートン)

5.
「汝自身を知れ」はよいことだが、他人を知るのはもっとよいことだ。
(メナンドロス)
6.
転職をどう考えるか。オレは将来をイメージしてみるといいと思う。今の会社での10年後、20年後を想像してみる。生き生きと仕事をしていられるかどうか。現場から離れた管理職になっても、やりがいを持てるか……
(重松清)
7.
未知の領域に挑めば、リスクをとることになるが、多くの場合、そうすることによって、人生は向上する。
(ジェフ・ケラー)

8.
夫婦はすべての面でうまくいくはずはない。それを前提にしていればうまくいくんです。
(5代目 市川團十郎)
9.
死んだオヤジの棺の前では正座で、将棋盤の前ではあぐらというのはおかしい。
(米長邦雄)
10.
火の粉はふり払わなければ、火傷します。だから必死にふり払う。自分が置かれた立場を悲観している暇はない。
(美輪明宏)