名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
これが初めてというわけではないが、書くことで私は教えられた。
人生の喜びと浮沈を受け止め、再び未知と美、恐怖に恋することを。


[ 出典 ]
アラン・ペイトン
(南アフリカの白人作家、アパルトヘイト・人権問題活動家、政治家、1903〜1988)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
本を書いて良かった。
妙な話だが、書くことで内なる不純物が一部、精製されたのだ。
__ Link __

これが初めてというわけではないが、書くことで私は教えられた。
人生の喜びと浮沈を受け止め、再び未知と美、恐怖に恋することを。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
朝寝すべからず、はなしの長座すべからず。
(徳川光圀)
2.
ごまかし、曖昧さ、ウソというものは一度は通じても二度三度は通じない。仮に、相手を騙す気が無くても、騙されたと思わせるような曖昧な態度だけは、断じて取ってはならない。
(堤康次郎)
3.
今さら日数なんて数えて何になりますか。人間が幸福を知り尽くすには、一日あれば十分ですよ。
(ドストエフスキー)
4.
自分が死ぬのはいいけれど、愛する人に死なれることは一番きついことです。
(瀬戸内寂聴)

5.
学校で学ばなかった。自分で学んだ。試みて学んだ。耳を澄まして学んだ。
(長田弘)
6.
もし人が清い思考を保つなら、彼には喜びばかりがつきまとう。
(ジェームズ・アレン)
7.
考えたことは、考えたように行動しなければ、考えたことになりませんよ。
(轡田隆史)

8.
女たちは葉巻に似ている。しばしば、火をつけ直さなければならない。
(ルビンシュタイン)
9.
一般常識は決してそれほど一般的ではない。
(ヴォルテール)
10.
我々の持つ可能性に比べると、現実の我々は、まだその半分の完成度にも達していない。我々は、肉体的・精神的資質のごく一部分しか活用していないのだ。
(ウィリアム・ジェームズ)