名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人事(ひとごと)を言うは、大いなる失なり。
誉むるも似合わぬ事なり。
とかく我が丈(たけ)をよく知り、我が修行を精出し、口を慎みたるが良し。


[ 出典 ]
山本常朝[やまもと・じょうちょう、つねとも]
(佐賀鍋島藩士、1659〜1719)
『葉隠』

[ 意味 ]
他人のことをあれこれ言うのは大きな損失である。
誉めるのも同様である。
とにかく、自分の身の丈をよく知って、自分の修行に精を出し、口を慎むのが良い。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
大きな損失
身の丈
口を慎む


[ ランダム名言 ]
1.
自己愛が強い人というのは、たいていの場合はそれが満たされず、常に不満を感じている。
(香山リカ)
2.
お前の人生が戯れにすぎなかったのなら、死はお前にとって真剣事であろう。だが、お前が真剣に生きたのなら、死はお前にとって一つの戯れであろう。
(クレッチマン)
3.
主人は一年、部下は三年
(豊臣秀吉)
4.
人生は庭のようだ。完璧な瞬間は経験できても、記憶以外で保存することはできない。
(ドラマ『スタートレック』)

5.
あの子はひまわり、あの子はすみれというふうに、違う花だと思えば比較をしなくなる。
(多湖輝)
6.
自分の仕事が誇れるかどうか、他人の物差しで測っても仕方ない。それは、自分自身が決めることだ。
(ドラマ『働きマン』)
7.
あなたが、それをあるがままに受け入れることができた時、ものごとは完全です。
(ギタ・ベリン)

8.
思弁が終わる、まさにそのときに信仰が始まる。
(キルケゴール)
9.
組織とはツールであって、目的ではない。
(作者不詳)
10.
自分たちだけが一生懸命なだけではだめなんです。相手がメリットを感じ、無理なくやれる形を提案することが大事。
(鈴木政孝)