名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
多言にて慎みなく云々(うんぬん)するは去る


[ 出典 ]
日本の格言

[ 意味 ]
口数が多く、また遠慮せずにずけずけとものを言う人間は、人からうとまれる。
そして、その者のもとから、人は去って行く。
発言には常に慎みが必要だということ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
多言
慎み
遠慮しない
発言
去る
うとまれる


[ ランダム名言 ]

1. 自分にできることより、自分にできないことを知る方が大事なのです。
(ルシル・ボール)


2. ゆゑもなく海が見たくて 海に来ぬ こころ傷(いた)みてたへがたき日に
(石川啄木)


3. (恋をするとは)息をのむようなすばらしい思いをするのも君ひとりなら、深い闇の中で行き惑うのも君ひとりだ。君は自分の身体と心でそれに耐えなくてはならない。
(村上春樹)


4. 過去の成功を思い出そう。大小を問わず、過去の成功はすべて、あなたがもっと成功できることの証である。ひとつひとつの成功を味わいなおそう。自信を失いかけたとき、それらの成功を思い出そう。
(ナポレオン・ヒル)



5. 運は運ぶと書きよるね。行動しないと運はついてこないというわけです。
(藤本義一)


6. 最初に夢がなければ、何も生まれない。
(カール・サンドバーグ)


7. あなたが夢中になり、没頭するまで自分の理想をイメージしなさい。新しく、刺激的で、向上心に満ちた生命の型をイメージするのです。
(ジョセフ・マーフィー)



8. 他人に自分の秘密を守ってもらいたいなら、最初から他人に秘密をもらしてはいけない。
(セネカ)


9. 明日為すべきことは今日これを為せ。
(フランクリン)


10. 急ぐと後悔し、熟慮は安心をもたらす。
(チュニジアの格言)