名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
正義への愛は、たいてい、不正な目に合うことを怖れる心である。


[ 出典 ]
ラ・ロシュフコー
[ラ・ロシュフーコー]
(17世紀フランスのモラリスト・著述家、1613〜1680)
『箴言集』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
正義を愛するとは、多くの場合、不正を我が身にこうむるのが怖いということを意味している。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 芸術家っていうのはね、芸術と結婚した人のことをいうのよ。芸術家の女房とか亭主とかいってもらいたくないわね。そういうの、愛人なのよ。
(永六輔)


2. 格言は哲学者たちの機知のほとばしりである。
(ヴォーヴナルグ)


3. 卵が腐っているかどうかを知るには、全部を食べてみる必要はない。
(西洋のことわざ)


4. テイサイだけの中途半端はすべてダメだ。
(稲垣足穂)



5. (人は)自分が普段から何度も考えていることは退屈で珍しくないと決め付けてしまう。新しいビジネスを考える時も、自分が今まで思いつきもしなかった新しいものを追い求めてしまう。しかし、その思考法は完全に……
(漫画『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』)


6. 徳行は魂の美である。
(トーマス・フラー)


7. 何かを愛することだけが、あなたの人生を手にする出発点かもしれない。
(アリス・コラー)



8. よく、したり顔で、四十を過ぎたら自分の顔に責任を持て、なんて言うやつがいる。いやったらしい表現だ。自分の顔に責任を持ってるような顔なんて、考えただけでうす汚い。
(岡本太郎)


9. 人間関係はこちらの出方次第。あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。こちらがしかめ面をすれば相手も渋面になる。
(邑井操)


10. 君は、いつでも何か、とくをしようとしていらいらしている、そんな神経はたまらない。みんな君の仕事に直接、役立つようにじたばた工夫しているのだから、かなわない。
(太宰治)